通貨発行権限を持つ機関が存在しないことから、インフレ・デフレをコントロールするなどの為替操作も不可能で、取引価格は純然たる需要と供給のバランスによって決定されるため、仮想通貨は「デジタル世界の金(ゴールド)」という表現がぴったりの存在です。

仮想通貨ビットコインは安全な避難場所と言われることがあります。
確かに一つの国に結び付かない、単一の位置をもつ多国籍ですね。
しかし、まだ政府の一声で規制がかかったりすることで、
国民が翻弄される状況があります。
そういった意味でさらに、信頼性と必要性が強くなる年になるかもしれません。

「FRBの利上げと一部の通貨の切り下げ」

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が17日、議会証言で12月の次回会合での利上げを示唆した。金融市場は既に12月の利上げをほぼ織り込み、ドル高と金利上昇に拍車がかかる。トランプ次期大統領の巨額減税案などで、将来のインフレ予測も強まってきた。相場の過熱が続けば、FRBの利上げペースが想定よりも速まる可能性がある。
“The price performance of Bitcoin has closely tracked some macroeconomic trends including the dramatic fall in the value of the British Pound, Argentine Peso and Venezuelan Bolivar.

ビットコインの価格の数値について。英ポンド、アルゼンチンペソ、ベネズエラなどの通貨価値が劇的な下落を含むいくつかのマクロ経済動向を厳密に追いかけています。

「仮想通貨ビットコイン需要の増加と、供給の減少」

仮想通貨ビットコインは有限であることは、よく知れ渡っていることですが、
有限だからこそ金のように「価値がある」、
もしくは有限だからいずれ無くなり「価値がない」
など、ネットを放浪していると対比する意見がジャッジされていることもあります。

“It is true that there will only ever be 21 mln Bitcoin mined and that 15.7 mln of them have already been mined, but this does not mean that in the future there will be those with and those without Bitcoin.There are 100 mln Satoshis in a Bitcoin and only 100 cents in a dollar or euro.There is a lot of room for growth in the smaller denominations and value exchange will flatten out the distribution.”

仮想通貨ビットコインは21百万の有限に対し、1570万が採掘(マイニング)されていることは事実です。しかし、将来的に、ビットコインを持つ人と、持たない人がいるということではありません。なぜなら、ビットコインは、100万(million)単位で持つこと(利用)が可能ですが、例えば1ドルもしくはユーロでは100セントしかありません。より細かい小さな金種でみると成長の余地があり、価値交換はその分布を平均的にしていくことでしょう。

現在の価格を例でいうと、1ビットコインが14万円超えの取引になっています。

ではビットコインは「1ビット」で単位でしか持てないのでしょうか?
答えはNOですね。100mln単位で可能だということを伝えています。

日本のある取引所でいえば、最低取引金額を0.001BTC(単位)可能としており、今の価格でいえば約140円から取引できるということになります。

ものすごく簡単に言ってしまうと(専門用語も省いて)、
1ビットコインを更に小さく分けて持つことも、
利用することもできるという感覚で想像すると何となくわかりますね。

まとめ

世界的にスタンダードな金に比べると、仮想通貨はまだ新しく不安定ですが、仮想通貨は確かな牽引力を発揮しており、今後数年間のうちに仮想通貨を使うための標準化が増えると予想されています。
仮想通貨の市場はまだまだ始まったばかりで、その動きは想像以上に速く、毎日のように新しい仮想通貨が誕生しては淘汰されています。
いずれにせよ、2017年以降も仮想通貨の成長は続いていくことだけは確実だと予想されています。

良いことだけではありません。
仮想通貨には、解決しなければならない問題もあり、
否定的な要素も当然含まれています。
すべてを総合し考えても、
仮想通貨は確立する基盤を更に
つくりあげる年になるかもしれませんね。

まだ若い「 8歳 」ですから。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン円より強い!!|Bitcoin3つの急伸材料はイギリス・中国ほか

ビットコインが急騰しており、日本円では70,000円台の壁を超えましたね。日本経済新聞では「ビットコインは円…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3626 view

ドイツの公共料金をビットコイン払いで!ついに行政機関にも仮想通貨が浸透し始めた

ドイツのハノーファーにて、公共料金支払いがビットコイン払いOKになりました。 水道光熱費は現代の人間の生活…

すずきまゆこ / 575 view

トランプ大統領誕生によりビットコイン高騰!|これからの仮想通貨の行方を占う

2016年11月9日、熾烈な競争を極めた大統領選は、最後の最後で大どんでん返しが行われました。当初、当選は絶…

すずきまゆこ / 1204 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽