Bitwageと提携発表「仮想通貨ビットコインで給与」

インドの大手ビットコイン企業であるUnocoinがBitwageとの提携を発表した。この提携は、インド政府の最近のイニシアティブである高額紙幣の廃止によってデジタル通貨への関心が高まっている同国におけるビットコインの普及をさらに進めると見られている。

Bitwage(ビットウェイ)は、以前ご紹介したことがありますが、
賃金を仮想通貨ビットコインで受け取りができる管理ソリューションです。
世界のどこにいてもフリーで給与を仮想通貨ビットコインで受け取れる
マッチングに近いシステムを導入しています。

Bitwageはビットコインによる給与の支払いサービスを提供するスタートアップで2014年にサービスをローンチしている。
UnocoinとBitwageとの提携はインドのフリーランサーや被雇用者が、フィアット通貨の代わりにビットコインで賃金を受け取るのを手助けすることができる。

フィアット通貨とは、
簡単に言えば円やドルなどの法定通貨です。
ご存じかと思いますが
インドのお金が不足している状況は続いています。
法定通貨のかわりに仮想通貨ビットコインで
賃金を受け取ることができるのは、
大きな意味があります。

すでに枯渇しているお金にかわり、
インドでは仮想通貨の取引量が増え続けています。
Bitwageを利用することで、相手の企業が仮想通貨ビットコインでの
支払いに対応していなくても、望めば賃金はビットコインで受け取ることができるからです。

すでにアメリカやヨーロッパでは、雇用者からビットコインで支払いを受けることによって、低い手数料で送金したり、素早く決済したり、為替レートを気にせず国際的なお金のやり取りをしている人々が存在する。
インドでビットコインへの需要が高まっていることを考えると、この強力なサービスはUnocoinとBitwageがこのセクターにおいて戦略的な立ち位置を得ることを可能にするかもしれない。

仮想通貨ビットコインの需要が爆発する「インド市場」

仮想通貨ビットコインの取引額が伸び続けています▼▼▼

米国時間12月22日には過去最高額の140億ドルに達した。
これはアメリカの鉄鋼や、Twitter社よりも巨大です。これにはいくつかの基本的な要因が関連していると思われます―
まずは古典的な部分、需要と供給です。つまり、中国とインドにおける需要が増えたことによるものです。人々は、ビットコインを仮想的な金として利用し、価値の蓄蔵を行っています」
流通してい高額紙幣る500INRと1000INRを取り除く動きは2016年11月6日にインド政府によって発表され、ビットコインへの関心が高まった。
「1か月前、インドでは、国内の現金の86%が20分で利用できなくなりました。これは、本質的に、国を立ち行かせなくしたことと同義です。それから国民は、金融システムの外にある他の代替通貨を探し求めることになりました。ビットコインの需要はそこから生まれたのです」

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン脱税調査|米国IRS国税庁の要求は無差別と反論

横暴、それとも正当なのでしょうか?米国の税当局が、仮想通貨取引所に対して「仮想通貨ビットコイン利用者の情報提…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2582 view

仮想通貨Bitcoinで米国興味深い実験|市場への普及はアーリーアダプターと関係する…

米マサチューセッツ工科大学で行われた実験は、ビットコインと人の関心意識にかかわる結果がありました。最新テクノ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1208 view

イーサリアム(Ethereum)上昇! ライトコイン(Litecoin)を抜いたビク…

イーサリアム(Ethereum)が、頭を出しましたね。あのライトコイン(Litecoin)を抜きました。時価…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1997 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽