失われた3年は取り戻せたのか―――。

ビットコインが対日本円レートで10万円を超えた。現在は101,300円付近を推移している。これは、2013年11月に12万円を付けてからの最高値圏に突入したと見てもいい。

仮想通貨ビットコインが人々から求められている様子は
数々ご紹介してきましたが、
さらに理由と理由がつながっていることもあります。

仮想通貨ビットコインへ流れる中国は政府の規制と言われています。
その政府がなぜここまで規制をするのかは、
「中国とベネゼエラの関係」も意味していないでしょうか?
また、米国の関係もあまり良くないと伝えられています。
ベネゼエラへと中国の「インフラへの投資」関係と、
中国の富裕層が流れる描写を
日本経済新聞から選定しご紹介いたします。


3年ぶり10万台突破の仮想通貨ビットコインの高騰報道

仮想通貨ビットコインの時価総額が22日、140億ドルを超え、過去最高を記録した。
1BTCが10万円を突破したことにより0.1BTCが一万円以上となった。日本円での時価総額は1.6兆円を超えている。
ビットコインの取引価格は、今年初めの約435ドルから2倍以上に上昇している。
2016年1月を51,000円でスタートしたことを考えると、ビットコインの年間値上がり率はほぼ100%に達することとなる。この1年を通じては、改正資金決済法の可決がビットコインなどの仮想通貨への更なる追い風となった。取引所における売買代金も、今年11月には世界全体で15兆円に達している。
取引の大半は中国で行われており、専門家の間では、人民元安を背景にビットコインが買われているとの見方が多い。
ビットコイン/人民元もおよそ3年ぶりの価格水準で、中国の取引所Huobiでは一時5997.42元を示現し、6,000元の大台が間近であることを報じている。

過疎通貨ビットコイン取引量が爆発している「中国の状況」

この価格上昇について、OK Coinのアナリストは「中国の投資家のリスク回避の機運が盛り上がっていることが大きな要因です。中国の投資家の投資先には制限があるため、よりよい資産の保管方法を探すことは重要な命題のひとつ。
今、彼らは積極的になにか新しい投資方法を探しているところです。ビットコイン取引は彼らに選択肢のひとつを与え、資産の多元化を実現させたといえるでしょう。

以前お伝えしている中に含まれていますが、
中国の銀行と政府は、
去数ヶ月にわたって厳しい財務規制を行っています。
理財商品 (WMP)への規制強化や、外国投資、海外送金に対しても強化してきました。
これに関連し、金輸入の規制も強化し、
さらに仮想通貨ビットコインへの流入が増えていると言われています。

中国の投資家たちは、中国はルールが公正ではないとし、
資金を逃がすため策を講じている状況も伝えられています。

Huobiのアナリストも同様に、今年の国際情勢や中国国内の投資環境の変化、またビットコインやブロックチェーンの認知度の高まりといったそれぞれの要素が結果として投資家の意識をよりビットコインへ向かわせることになったと見ている。

関連するまとめ

仮想通貨は日本に必要|オリンピックと関係する法案の目的“初心者むけ”part2

外国人がビックリするアナログ日本。日本人の現金主義は先進国らしからぬと思われています。日本でも仮想通貨が必要…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1967 view

パナマ文書日本問題「日本記事が除かれる理由」「タックス・ヘイブンが庶民に影響?」

先日より、パナマ文書の報道が多くみられました。しかし、なぜ「日本関連を除いて」報道するのか。「報道の自由」が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1011 view

みずほが「一生通帳」連携初マネーツリーとフィンテックで未来図を捉える

みずほのアーリーアダプターへの道幕開けでしょうか。フィンテックで一生通帳をリリース予定です。金融庁のビットコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1762 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽