世界経済の揺れる不安から、ふたつの資産はどこまでも視線をあびていきそうです。
仮想通貨ビットコインと金(ゴールド)の類似性が語られていますが、
2016年の締めくくりは「仮想通貨ビットコイン」が表彰台にいるかもしれません。

ビットコイン特有の性質によって、お金、通貨、商品と、それぞれ個人の嗜好に応じたビットコインの立ち位置が明確になりつつある。

仮想通貨ビットコインと金「メリットもデメリットも類似性が多い」

ビットコインを商品として見ると、多くの人がその金との類似性を指摘することが多い。

どこでも比較されている「 共通するメリット 」▼▼▼

金のように、ビットコインは耐久性に優れ、転送可能で、分割も可能、数に限りがあり、認識可能、且つ、代替可能だからだ。これらは健全なお金を定義する資質である。

「耐久性に優れ……数に限りがある点」
金は鉱物ですから埋蔵量には限りがあり、
仮想通貨ビットコインは発行量に上限があります。
※上限は2100万BTC(現在は1600万BTC程発行されていると言われています)

しかし、物事は良いことだけでは、かえって怪しいことです。
仮想通貨ビットコインと金は、
デメリットまで類似しているところがあります。それは▼▼▼

金投資のデメリットとして挙げられるのは、為替変動リスクです。
金の取引は米ドルで行われるため、日本国内の金の価格は米ドルに対する為替の影響を受けます。金の米ドル価格が同じだとして、1ドル100円の時に10,000円分の金を買った場合と、1ドル110円の時に10,000円分の金を買った場合では、1ドル100円の時に買った金の量のほうが多くなります。
また金をほかの金融資産と比べると、預貯金の利息や株式の配当のような利益はありません。

仮想通貨も価格変動に対して危険なものだと言われてきました。
しかし、金の歴史を見ると、今の仮想通貨は当然の姿ではないかと感じますね。

なぜなら、仮想通貨はまだ歴史が浅く、
金は長い歴史から今を確立しているからですね▼▼▼

紀元前の時代から金は通貨として流通し、現代でも1970年代までは金本位制が取られ、世界各国の紙幣も金と結びつく形で価値が決まっていました。

登場したころは、人々が認め、そして今の金としての信頼を確立していきました。
仮想通貨ビットコインはまだ7年ほどの歴史です。
金が人々から注目されてきたころに類似しているのも気のせいでしょうか。

“ビットコインはまだ新入り的存在ですし、金よりボラティリティが高い。つまり、相場が変動しやすいわけですが、ビットコイン利用者の基盤が成長するにつれて安定してくるでしょう。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン分裂危機「不正」発覚で価格上昇|AsicBoostの脆弱性を利用…

ビットコインの分裂危機が報じられていたBitcoin Core(ビットコインコア)とBitcoin Unli…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7103 view

フィンテック“モバイル決済連合”が誕生か|中国アリババ傘下アントと韓国99%シェアの…

中国アリババ傘下の決済企業アント・フィナンシャル(Ant Financial)が、韓国内シェア99%メッセー…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3739 view

知らないと損をする仮想通貨の法案|今さら聞けない“2017年春から夏”はこう変わる

仮想通貨ビットコインの話を聞くけど、“投資商品だから恐いよね”、”どうせあの事件と同じになるから止めよう”な…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8097 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽