Facebook電子マネーライセンス取得

アイルランド中央銀行が、最近、Facebook Payments International Limited (FBPIL) に対し、ピア・ツー・ピアによる効率的な決済を可能にする電子マネーラインセンスを付与している。

アイルランド中央銀行の
金融サービスプロバイダの登録データ見てみると▼▼▼

名前:Facebookの支払いインターナショナルリミテッド
認可日:2016年10月24日
正規サービス~E-マネーの発行、支払サービス、実行-クレジット転送
発行/支払取引の取得、マネー送金、実行-通信/デジタル/ IT機器

ここまで見ると、実質的に金融サービスの部分を可能にしているともいえますね。
しかも▼▼▼

アイルランドは欧州連合 (EU) の加盟国の一つであるため、Facebookは、EUすべての州において送金事業を行うための手続きが承認された形だ。
10月24日、Facebookが、EUにおける電子マネーライセンスを獲得したことで、米国の消費者が現在利用しているものと同じ機能を提供することが可能になった

関連するまとめ

警告中! 仮想通貨も狙われている「銀行詐欺ツール」トロイの木馬|URSNIF、Dre…

オンライン銀行詐欺ツールであるバンキングトロジャン、そうあの悪名高いトロイの木馬「URSNIF(アースニフ)…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8353 view

新通貨「BCP」来年1月2日誕生か“ビットコインキャッシュプラス”|仮想通貨ビットコ…

仮想通貨ビットコインのフォークSegwit2Xが中止の報道から、価格の下落をし、またもう少しで90万円近くま…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 15607 view

OBITS(オービッツ)新仮想通貨購入ラスト週|取引所オーナー3つの期待

新しい仮想通過OBITS(オービッツ)を購入できるカウントダウンに入りました。分散型取引所OpenLedge…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2639 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽