Facebook電子マネーライセンス取得

アイルランド中央銀行が、最近、Facebook Payments International Limited (FBPIL) に対し、ピア・ツー・ピアによる効率的な決済を可能にする電子マネーラインセンスを付与している。

アイルランド中央銀行の
金融サービスプロバイダの登録データ見てみると▼▼▼

名前:Facebookの支払いインターナショナルリミテッド
認可日:2016年10月24日
正規サービス~E-マネーの発行、支払サービス、実行-クレジット転送
発行/支払取引の取得、マネー送金、実行-通信/デジタル/ IT機器

ここまで見ると、実質的に金融サービスの部分を可能にしているともいえますね。
しかも▼▼▼

アイルランドは欧州連合 (EU) の加盟国の一つであるため、Facebookは、EUすべての州において送金事業を行うための手続きが承認された形だ。
10月24日、Facebookが、EUにおける電子マネーライセンスを獲得したことで、米国の消費者が現在利用しているものと同じ機能を提供することが可能になった

Bitwalaのユーザーはチャットメッセンジャーで対話と、
17の通貨で仮想通貨ビットコインで支払いが可能だといいます。
今年夏の記事ですが、この時点でドイツ、フランス、ヨーロッパ諸国で
SEPAの送受信が可能になると取り上げられているようです。

Bitwala is a service which makes bank transfers on behalf of users, who can send money abroad and pay bills with Bitcoin in 17 currencies.It also allows SEPA transfers in Germany, France and the rest of Europe with Bitcoin.

インタビューの中で▼▼▼

「本ライセンスにより、現在米国で提供しているFacebookへの慈善寄付や、Facebook Messengerアプリケーションを利用したピア・ツー・ピアによる支払い機能をヨーロッパでもリリースすることが可能になりました。
本ライセンスは、Facebookユーザーが欧州経済圏 (EEA) に登録された慈善団体にのみ寄付することをFBPILに対して許可するものです。これはEEA内でのピア・ツー・ピアによる支払いを含むものです」
Facebookがクロス通貨決済を行うことを決定すれば、イギリスにおけるユーザーはEU圏のユーザーに対して同一のピア・ツー・ピアのネットワークとメッセージアプリケーションを利用して送金を行うことができるようになる。

過去にも持ち上がった 仮想通貨「Facebookクレジット」

関連するまとめ

仮想通貨を含め“FinTech(フィンテック)”の認知度たった4%|変化に遅れる日本…

時代が変化しているのに残念なのは、FinTechの認知率がたった4%だといいます。知っていますか?“FinT…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6004 view

仮想通貨犯罪相次ぐ「ビットコインはどこにありますか?」預けっぱなしにする危険理由

仮想通貨ビットコインやアルトコインのブームが再到来しています。たくさんの方が購入していますが、アジアでは仮想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2146 view

世界初! ビットコインでラグジュアリー「限定版」CRYPTOMATIC腕時計

世界初のビットコインにはまった人が絶対欲しがるラグジュアリーな腕時計CRYPTOMATIC。しかも仕掛けが施…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1595 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽