近年、ビットコインに代表される仮想通貨が注目されている。
電子的な記号にすぎないものが価値をもち、人々の間で流通するのが仮想通貨だが、電子的なものが価値をもつのは、例えばネット上での預金通帳残高でもそうだ。

仮想通貨と中央銀行券(貨幣)の「類似点と相違点」比較

仮想通貨のより本質的な点は、そもそも発行者すら存在せず、発行者が仮想通貨と何かとの交換を約束する形に一切なっていない点にある。
銀行預金の残高情報は、それだけの現金を銀行から引き出せることを意味している。
しかし、仮想通貨の場合には、現金やモノとの交換が約束されていないという意味で、何の裏付けもなく、いわゆるファンダメンタルズとしての価値はゼロである。にもかかわらず価値をもって取引が行われている。

ファンダメンタルズとは、簡単に言うとマーケットの基礎部分を指す言葉として使われます。経済で言えば、ここにはたくさんの要素が含まれており、具体的な範囲は特に決まっていません。ある国の健全性を見るためには、複数の経済数値を見る必要があるためです。

二つ前に、銀行預金は「引き出せる」とありますが、
これからの説明では。“引き出しができるだけ”というべき発言にかわります。
銀行預金にもある種の類似点があります……続きを▼▼▼

では、なぜファンダメンタルズとして
価値の裏付けがないという仮想通貨が価値をもつのでしょうか?
【 仮想通貨 】

①仮想通貨は供給量が制約されており、勝手に増やすことができません。※補足あり
②また、「偽造」できない仕組みが技術的につくられている点。
※ブロックチェーンがここの基本技術として各分野に活用されています。

これだけが価値を決めるものとは限りません。
③最大の理由は、“価値”があることを、皆が思うからこそ価値があると伝えています。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO09502460U6A111C1KE8000/

※日経では、仮想通貨の何かには触れていないため、
供給量が決められていると記載されています。
ここは、正しくもあり間違っているところでもあります。
仮想通貨ビットコインは供給量が決められています。
永遠に発行し続けることはなく、最高数が定められています。
しかし仮想通貨の種類によっては、供給量が決められていないものもあります。

しかし、本当のところ、現在の中央銀行券(紙幣)も
仮想通貨と似た構造があるといいます。
それは、類似点と相違点がわかります。

【 中央銀行券(紙幣)】

相違点
①仮想通貨は供給量に制限がありますが、紙幣はありません。
中央が刷りつづけることができます。
②偽造についてはできないといいたいところこですが、
透かしなどの技術までではなく、
見た目に一般市民が騙される偽造紙幣をつくることは不可能でありません。

類似点
③価値▼▼▼

中央銀行にもっていっても何かと交換してくれるわけでもない。本来はただの紙きれのはずだ。しかし、皆が中央銀行券に価値があると思うから価値がある。

「仮想通貨」と「中央銀行券(紙幣)」にみる貨幣って何?

現時点では、
「仮想通貨」と「中央銀行券(紙幣)」は、使われ方に違いがあります。

貨幣の役割として、欲求の一致不和を回避できます。

お互いの欲しいものを双方が持っていて物々交換が成立します。
逆に、自分の欲しいものを、相手が持っていないとした場合は「現物」交換ができません。

しかし、貨幣があれば、
欲しいものを相手がもっていない時には、とりあえず貨幣を受け取ります。
欲しいものをもっている相手と出会った際に、欲しいものと貨幣を交換することができます。

1)ここで欲しいものを手にすることができるという問題が回避できます。
そのためには、「貨幣」は誰でも受け入れやすいものである必要がありました。

2)こうして貨幣はAからBに、BからCにと、受け渡す相手先へと移動してきます。
流通という言葉になります、移動中に価値が消耗しずらく、
欲しいものが現れるまで手元に置いておくための貯蔵手段である必要がありました。

3)1.2を経由することで、共通の取引手段に利用されるようになりました。
結果的に、価格の計算単位として用いられるようになりました。

あくまでも理論的にですが、
1~3の性質を持つものが、貨幣として捉えられています。

しかし、ここで注意点があります。
本当の必要性は1のみであり、2.3は経過的に発生するものです。

資産は人々の「期待」や「予想」が重要になります。
人がその資産に(1)の要素を認識するならば実際に貨幣となる可能性があります。

参考資料:日本経済新聞(会員全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO09502460U6A111C1KE8000/

本来人が必要なものは、
お金でものを買うということではなく、
「欲しい物」を手にするということです。

今はお金というもので売り買いを頭にイメージしやすいものです。

何億万年昔は、物々交換をしていましたね。
中央銀行への信頼があるからとしていますが、
過去をさかのぼれば、中央政権には信頼がありませんでした。
反乱や様々な問題から信頼を置く中央が必要になった時代があります。

お金の歴史は深く、その時代に応じて変化してきたものです。
変化しなければならない時代が到来するなら、
またお金の歴史がかわっていくことはあると言えるでしょう。

関連するまとめ

アリババのブロックチェーン特許出願が世界一に|物流に積極活用、ブロックチェーンアカデ…

仮想通貨にはNOを言っているアリババですが、ブロックチェーンの活用には積極的です。ブロックチェーン関連の特許…

鈴木まゆ子 / 2853 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。