われわれの暮らしにおいて、いつでも必要なときにATMから預金を引き出せたり、インターネットバンキングを利用してスマートフォンで24時間取引を行えたりすることは、今や当たり前となった。
この「いつでも・どこでも」使える銀行を支えているのが、コアバンキングシステムと呼ばれる独自の基幹システムである。経済活動のベースであるこのコアバンキングシステムに、いま大きな変革の波が押し寄せようとしている。

コアバンキングシステムから、ほんの少し変わった世代が登場をしてきました。しかし、一般に表で大きく変わるルールを強要されることもなかったため、すべてをコアバンキングシステムとしてとらえていたかもしれません▼▼▼

コアバンキングシステムとは?

コアバンキングシステム(Core Banking System)とは、銀行のもっともベースとなる取引業務をサポートするために使用されるシステムのことで、運営に欠かせない情報基盤となる。
実際に同システムで処理される業務はさまざまだ。例えば、「ローン契約に関する業務」「新規口座の開設」「現金預金や引き出し」「給与の支払い計算や小切手の処理」「利息の計算」など、われわれの日常とも馴染みのある業務が並ぶ。
顧客関係の管理などほかにも機能はあるが、もちろん銀行の「タイプ」によってコアバンキングシステムは異なる機能を備えている。
問題は、システムのプラットフォームが統一されていないことだろう。日本の市場に目を向けてみても、IBMやNEC、富士通、日立、NTTデータなど、さまざまな企業が独自のシステムを提供している。

独自のシステムで統一されていないこともありますが、内部の人が話す問題点もあります。
多くの今あるシステムの「コアバンキングシステム」は、
社会や時代の移り変わりに求められる変革には柔軟性が不足しています。
そして、さらに成長するためには、装備も不足してるという点もいなめません。

元Googleの社員らが挑むフロンティア

銀行が長い時間をかけて開発、進化させてきたコアバンキングシステム。数十年の歴史があるものも珍しくなく、ここ数年で起きている爆発的なテクノロジーの進化の恩恵を受けるためには、いささか規模が大きくなりすぎているといった事情もある。

長年のシステムに変革を求めるためには、銀行の構造的な変化も必要です。
内部的なことや統制ルールや金融という縛りも妨げになっていました。
フィンティックで新たなビジネスニーズに対応することができるチャンスともいえます。

そのため、他の銀行と共同のシステムに切り替えたり、最新のシステムを導入したり、当然そうあるべきシフトチェンジを気軽に導入できないという問題が顕著になってきている。
「変遷」

「変遷」

他の業種とは異なり特殊な事業分野を遂行する許可を受けています。
この許可があるからこそ銀行という名と業務が行えます。
銀行の業務とは先に例でご紹介していますが、
ひと言でいえば初期は預金の獲得と融資の提供。

提供から繋がる結果には、やがて住宅ローンやクレジット カード、
または保険商品を提供する業務もすすめてきました。
そして、中にいた人間が外にでるようになり、
外交員も誕生しています。
その後、銀行も一般市場に応え、コール センターまで導入。

ここから銀行とユーザーとの関係も大きく変革時代に入りました。
長い時間がかかりました。インターネットが普及し、
オンライン バンキングの概念ができました。
ネット銀行が主流になりつつあるかと思えば、
モバイル、アプリと続き、
今はクラウド等へユーザーが移動していき、
銀行が顧客と向き合う機会がすっかり減りました。

銀行と人(ユーザー)のつながりは、
人(ユーザー)とITのつながりに移行しているともいえます。
銀行はこのままで済ますわけにはいかないわけです。

この問題に果敢に挑戦しているのが、元Google社員が立ち上げたスタートアップ「Thought Machine(ソート・マシン)」だ。
スピーディーさを特徴とするアジャイル開発を採用し、最も新しい技術を搭載したコアバンキングシステム「VaultOS」の開発を2014年からスタート。クラウドコンピューティングを利用するなど、わかりやすさだけでなく、新しい金融サービスの基盤となる可能性も提供している。
「VaultOS」ではすべての情報がフラットにつながり、顧客の細かなトランザクション(取引)や支出プロフィールの情報を元に、各種ローンの支払いの柔軟なカスタマイズもできるという。つまり、サービスを個人単位で柔軟に作り変えられるのだ。

既存のコアバンキングシステムでは、銀行内の分類でシステムを縦割りに処理してきました。そのため、システムの情報流通には「翻訳」が必要だったと述べられています。すでにおわかりかと思いますが、新しい技術は仮想通貨でクローズアップされているブロックチェーンを活用することで、縦割りのシステムが改善されるわけです。

不安要素を解消できるのか「信用」「セキュリティ」

Thought Machineの「VaultOS」は、現在2つの銀行でトライアルが行われている。

2つの銀行で試されていますが、
すべての処理が精確に行われるかだけで成功にはなりません。▼▼▼

銀行の基幹システムとして採用されるためには、世界中の人々の生活インフラとして、「信用」と「セキュリティ」を担保できなければならない。
その解決策の一つとして、「VaultOS」ではブロックチェーンを活用した技術を採用。仮想通貨「ビットコイン」の土台となっている同技術で、複数の場所にデータを分散して処理する。そのため、万が一その一つが改ざんされても、他のデータと照合のうえ不整合性を排除するので、ハッキング対策への有効性が期待されている。
しかし、ブロックチェーン技術を搭載すれば万全ということではなく、ブロックチェーンを利用したセキュリティの課題もすでに明らかとなっており、課題がないわけではない。

新しいことを取り入れることは、かならず見えなかった部分や、不備となることが現れます。万全な環境で提供されるまでは、もう少し模索する必要性があるようです。

関連するまとめ

仮想通貨とブロックチェーンへの信頼度|世界の投資家アンケート「日本が牽引」

日本は仮想通貨市場を牽引していくと言われていますが、世界中の投資家たちから見た「仮想通貨とブロックチェーン」…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11600 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。