財務省と金融庁はビットコインなどの仮想通貨を買うときにかかる消費税を2017年春をメドになくす調整に入った。
仮想通貨をモノやサービスでなく「支払い手段」と明確に位置づける。
事業者の納税事務がなくなるほか、利用者は消費税分の価格が下がって買いやすくなる。

モノやサービスには消費税がかかります。
しかし、私たちの生活で考えて、
お金と同じ価値のあるものは、購入するときに消費税がかかりません。
例えば、商品券は購入時に消費税がかからず、
商品券で商品を買う時には、商品に対して消費税がかかり、支払時に消費税を払います。

いままでは、仮想通貨がお金の価値として
曖昧の場所にいたために、ここが購入するとき・利用するときの
2回ともに課税される二重課税と取り上げられてきました。

いよいよ、到来です!仮想通貨が▼▼▼

仮想通貨が「お金」としての存在感を増すのは確実だ。

日本経済新聞(会員は全文参照可能)から、
要約してご紹介します。
最新の為、他に追加内容があれば、またご紹介いたします。

仮想通貨が非課税になるまでの流れ

年末の与党の税制調査会での議論を経て、正式に決定する。

調査会後▼▼▼
来年2017年の春には法的に「非課税」として扱われる調整予定です。

仮想通貨はネット上のみで存在する通貨で、ビットコインが最も多く流通している。

現在は仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入する際に8%の消費税がかかり、
消費者である利用者は手数料等とともに支払います。
(以前取り上げておりますが、取引所によっては非課税のところもあります)
正式に非課税となれば、購入時にもメリットがあります。
購入時に消費税がかかっていた分は、なくなり価格が下がります。
また、取引事業者が消費税(ユーザーから先に預かった消費税)を、
税務署に納める面倒なこともなくなります。
「事務的な作業が大幅に減ります」
そう話す仮想通貨取引事業者の声も伝えられています。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H3I_R11C16A0MM8000/

主要7カ国の仮想通貨と足並みが揃う

実は、主要7カ国(G7)とされる
先進 7 か国~アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・日本・カナダ・イタリアの中で、
仮想通貨に消費税を課しているのは日本だけでした。

今年の夏には、金融庁からは税制改正要望が入っていましたね。
仮想通貨が消費税の対象になるのか、
二重課税ではないかと議論されていました。
この点についてハッキリさせるよう要求していました。

法的な規定がなかった仮想通貨ですが、
今年成立した改正資金決済法で「支払い手段」と定義づけられました。
このことより、財務省は定義に沿い仮想通貨を非課税にする方向です。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H3I_R11C16A0MM8000/

仮想通貨の法的壁が消えた

現在日本でも、ビットコインを使える店舗やサービスが増えています。
利用できる店舗は9月時点で約2500店に増え、昨年の4倍になります。

仮想通貨のメリットとして、送金手数料がほぼかからず、
海外の法定通貨を用意しなくても使うことができます。

支払手段として利用するための、壁が取り除かれたことにもなります。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H3I_R11C16A0MM8000/

ただし、スイカ等の電子マネーと異なり入金時の1万円が
そのまま1万円分の買い物ができるとは限りません。
仮想通貨は価格が変動しますので、
利用する際に1万円以下、もしくは1万円以上にもなりうることになります。

なお、資産運用に購入する人も多い仮想通貨ですが、
売った時に儲かった場合に、
「所得税」がかかるというところは変わりないようです。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H3I_R11C16A0MM8000/

まとめに…

ご存じのことですが、商品券は、購入時は非課税。
買い物の際に消費税が課税される。
また、現金や小切手等の支払い手段は?
仮想通貨は税法上の扱いが定かではありませんでした。

日本にしては、法的な対応がとても速いと感じます。
ご意見番がたっていたり、
世界での立ち位置も関係するのかも…

足にかけられた重りを取り外したようですね。
またもや上昇気流にのるかもしれません。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、スマホのLINEアプリを開きQRコードを読み込むか、ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

関連するまとめ

世界の「すべて」が仮想通貨を規制するわけではない|ロシア最大の銀行「仮想通貨は禁止す…

先日の暴落の一件の背景には「世界各国が仮想通貨を禁止しようとしている」という昨今の動きがある、と言われていま…

鈴木まゆ子 / 5883 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。