ジンバブエ人300万人の海外送金、
そしておどろく隠された頭脳が育っています。
やはり、かつてドルをうわまわる価値があった
ジンバブエドルを通貨としていた国ですね。
10%を超えるハイパーインフレの収束ができなかったため
ひっそりとしてしまいましたが、
眠る獅子が起き上がるかもしれません。

なにを隠そう、混沌としたとき、
ジンバブエでもビットコインへ、
資金を移す人が多かったといいます。

銀行側も仮想通貨導入にはとても意欲的ですし、
インフラを整えることが目標に入っています。
これからどうなるのか目を離してはいけないところです。

「第一段階成功」ジンバブエ女性農業家100人が、ビットコインの力を学ぶ

アフリカのビットコインアクセラレータープログラムは次のステップに移るでしょう。
アクセラレータープログラムとは、特定企業や組織がスポンサーとなって、
スタートアップと一緒に事業を創りあげ達成する目標としたものです。
開始の報道はさかのぼり、今年2月のニュースから目にするようになりました。

「黒人初のビットコイン・スタートアップ」
BitMariによって企画されたプログラム▼▼▼

ジンバブエの女性農業者に、選択した提供先からチャージを行い商品購入可能なビットコインが支払われるようだ。

企画されたプログラムの詳細

そのアイディアの内容は、100人の女性農業者のために2万2,500ドル資金調達するというものだ。ジンバブエの10州、それぞれ10人の農業者がビットコインを個人の無料BitMariビットコインウォレットに支給される。

第1段階を成功させました。次は第2に▼▼▼

アフリカにおける最初の女性農業者向けのビットコインアクセラレータープログラムで、内容としては農業者を成功させ、初期投資は第二収穫時期の暮れに返済するというものだ。
ビットコインの有用性とその力についても教育を行い、ビットコインで送金が出来るようにトレーニングも行う。

仮想通貨ビットコインで対価を受け取るだけではなく、
利用する有効性や特質を学ぶことが重要です。
自分で自由に送金をし、実用できる知識がつけば
新しい通貨のかわりとしてもさらに人気がでるかもしません。

ジンバブエ企業のBitmari社のCEOは▼▼▼

unbankedな農業者たちの多くが利用している現在の金融取引の方法ではビットコインの力を得ることが出来ない”ため、女性たちにビットコインの送金方法を教えることが重要だと語っている。

unbankedとは、最近よく聞くかもしれません。少しふれると、銀行で口座を持てない人のことを指します(日本と違って銀行口座を持てない人がたくさんいます。)
そして銀行も、本人確認が厳しく、一定の預金残高を保たなければ手数料がとられます。

ジンバブエ企業のBitmari社がここまで
時間とリソースを割くに至った動機▼▼▼

「ついに初めて銀行と契約を結ぶ運びとなりました。そのターゲットとなる業界は農業です。
現在ジンバブエの規制当局による承認待ちの状態です。そして深刻なエルニーニョ現象による干ばつと資金繰りの悪化に気付き始めました。
女性農業者には支援が必要でしたし、ビットコインコミュニティとテクノロジーは重要なリソースとなるでしょう」

銀行と契約を結ぶことができるまで
今年2月記事で仕掛けを発表していました▼

社名はジンバブエ語でお金や通貨の意味をもつ『Mari』とビットコインの『Bit』に由来しており、同社はここ数カ月でユーザー獲得と同国における金融サービスの法的認可の為の手続きを行っている。

スタート記事2016.2月

ジンバブエのテクノロジーニュースを手掛けるtechzim.co.zwは、ビットコイン(Bitcoin)をベースにした送金サービスをアフリカ市場に展開するジンバブエ企業のBitmari社がベータ版の段階に移行したと報道した。
ジンバブエの銀行は「歓迎」、今後は農地改革への融資も

オファーは2015年9月のインタビューからだった▼▼

同社の共同創設者であるSinclair Skinner氏は今後送金サービスには5%の手数料が掛かる事を示唆している。またウォレットのサービス業社との交渉を予定していると答えていたが、
ジンバブエの銀行であるReserve Bank of ZimbabweはBitari社を歓迎すると語っており、Bitmari社は今後送金サービスに加えて農地改革への融資を目論んでいる。

このときの目標が叶い、農地改革融資もの流れは順調だといえますね。

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。