金融庁と日本経済新聞社が共同で開催した、
Finsum「フィンテック・サミット」では、
国内外の企業がフィンティック事業内容を競う
コンテストも行われました。

会場で麻生太郎財務・金融担当相は
何を感じ、今後をどう建設していくつもりでしょうか。

金融庁と日本経済新聞社が共同で開催した、Finsum「フィンテック・サミット」では、
国内外の企業がフィンティック事業内容を競うコンテストも行われました。
会場で麻生太郎財務・金融担当相は何を思ったのでしょうか。

興味深い話も述べられています。

開催された「フィンテック・サミット」であいさつし、

IT(情報技術)と金融を融合した「フィンテック」の進展によって「スマートフォン1台が銀行の支店とほとんど変わらない時代になる」と述べた。
その上で「銀行の支店はそのうちなくなる」との見方を示した。

なぜか?デジタル革命のゴールがない

フィンテックが大きく進歩したのは、
「ビットコイン」に代表される仮想通貨が登場したことがきっかけ。

そう前回でお伝えしたことですが、
何故銀行支店がいらなくなると述べられたのかは、
今までお届けしてきたデジタル社会の流れが教えてくれています。

どこまで進むかもゴール地点が見えないデジタル革命は、
勢いを止めることがないからですね。

インターネット上で仮想通貨を使って、簡単に送金できたり、
買い物をできるようになります。

スマートフォンで決済まで行えてしまう時代に突入し、
人工知能(AI)などが身近な生活の一部になり、
ITを駆使した「新たらしい金融」が誕生しています。

コンテスト受賞企業では、新興のIT企業が
サービスを生み出し実証まで広げています。

コンテストのプレゼンテーションでは、
複数のベンチャー企業が「仮想通貨」を
利用するためのサービスも紹介されました。例えば▼▼▼

英ワイレックスの「Wirex」は、スマホのアプリを使いドルなどの一般通貨とビットコインを簡単に変換できるサービス。
一般の通貨に変換した金額分は、専用のデビットカードを使って買い物に利用できる。ビットコインを買い戻すことも可能だ。
実は日本国内でもサービスを開始している。創業者のパーベル・マットヴィーブ氏は、
「対前月比で20~30%増の勢いで急速に伸びている。今後、日本が仮想通貨が使われるマーケットとして中核を担っていく可能性がある」と展望する。

麻生太郎副総理・財務・金融相「人も変わらざるを得ない」金融庁も対応

麻生氏は「こういったものが出てくると、それに合わせてシステムが変わる、時代が変わる、多分人も変わらざるを得ない」と語った。

関連するまとめ

仮想通貨を地方にも広める重要性|「見直す地域通貨歴史」お金も減価償却

情報と言えば東京が中心ですが、最近は仮想通貨を「地方にも広める重要性がある」と言われています。なぜ?紛争や環…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2280 view

スイス鉄道の券売機でビットコインが購入可能に|仮想通貨先進国のスイスから未来を予測

ビットコインをはじめとする仮想通貨はものすごい勢いで世界中で認知が高まり、その将来性に期待が寄せられています…

すずきまゆこ / 1210 view

2020年までに今の仕事の50%が消滅する|AIとブロックチェーンが変えていく未来と…

近年、時折「○○年後までにこの仕事がなくなる!」といった記事を目にします。これまで人が行ってきた仕事をロボッ…

すずきまゆこ / 2529 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽