みずほフィナンシャルグループの取り組みは数多くあります。しかし、みずほ独自の仮想通貨についての発表はありませんでした。
今回のインタビューの中では、
独自コインともいえる「仮称みずほコイン」に
ついて、ほんの少しだけ発言していました!

独自仮想通貨と言えば、三菱東京UFG銀行の実証実験があります。
肩を並べる大手銀行として、独自コインを視野に入れていないとは考えにくいと感じている人は多かったのではないでしょうか?

インタビューからカードとなるワードを抜粋しました。
※今回のインタビューは、
みずほFG・インキュベーションPTのシニアデジタルストラテジストの
金子慎太郎氏と上野育真氏

みずほFGが語る「金融ビッグバン以来の変革期」

昨年度から、みずほフィナンシャルグループ(以下、みずほFG)では、傘下のみずほ銀行など、複数のグループ会社と協働して、仮想通貨、ブロックチェーン技術関連の取り組みを数多く実施している。

直近の取り組み例も紹介しています。
①米Ripple社の技術を使用~国際送金の実証実験、②日本IBMと連携~決済業務での仮想通貨等検証作業、③富士通と連携~国際証券取引の実証実験
などあります。当サイトでも①②をピックアップしてご紹介していますが、他にも様々な業態で取り組みをしています。
※関連記事は最後にご紹介しております、よろしければご覧くださいね。

みずほFGでは、FinTechやオープンイノベーションのハブとして昨年7月にインキュベーションPTを設置した。柔軟で迅速な意思決定が行えるよう社内カンパニーやユニットに属さず、担当役員が直轄する組織であり、現在兼務者を含めて60名ほどが在籍する。
みずほFGの佐藤 康博社長は、フィンテックの波をこの「金融ビッグバン以来の変革期」とみて新しい金融サービスの創出に取り組む、と表明している(みずほFG HPより)。

みずほが見る「10年先のサービス」とは

「10年先の金融サービス」3つの注目する技術
・ビッグデータ・人工知能・ブロックチェーン だといいます。

また、同時に、
利用者が操作するために接する部分である機械的な要素を意味するUI(ユーザーインターフェイス)、
製品やサービスの利用や消費で得られる使いやすさや、
ユーザが楽しく心地よく実現できるかどうかであるUX(ユーザーエクスペリエンス)、
これらを向上させることも大切です。

その重要性は、例えばモバイルやロボット(音・感情の認識技術)を活用しています。

こうした非対面と対面のサービスをシームレスに繋ぐ要素技術として「人工知能」、「ビッグデータ」、「ブロックチェーン」を同等に重要と見ており、3つの分野で同時に複数の取り組みを始めている。

今まで人と人が対面で対応処理していた分野はフィンティックにおいて非対面が可能となります。
サービスはITで応対することになると、利用するユーザが操作します。
複数のサービスを「違和感」なく利用するための仕組みが必要になり、
利用するにあたり誰でも使えるために難しい分野もハードルを低くくしなければなりません。
そうすることにより、ユーザは違和感なく複数のサービスそのものを、
同じサービスを使っているかのように利用できるようになります。

事例としては、スマホ用アプリ「みずほダイレクトアプリ」において、通帳履歴が将来にわたってずっと見ることができる「一生通帳機能」の提供や、Apple Watchでも活用できる邦銀初の「ウェアラブル対応」、LINEで専用スタンプを使うことで残高照会・入出金明細照会のできる「LINEでかんたん残高照会サービス」の提供、などがある。

独自仮想通貨開発?仮称“みずほコイン”

「これとは別に、仮想通貨の活用についても研究を進めています。仮称“みずほコイン”の取り組みといえるでしょうか。現在は機能によって3タイプほどに分かれています。
パブリックなコイン、行内で使用するコイン、データファイルとして指示を出すコインなどを想定し、それぞれについて応用可能性を検討しています」と、仮想通貨の活用に対する取り組みについて話すのは上野氏。

やはり構想はできているようですね、
3タイプの役目が異なることと、応用できるかどうか。
また実際に運用が実現できるのかどうかも検討しているのでしょう。、
しのぎを削っている各銀行です。
あえて、ここでは話せないこともある状況だと思いますが、今までどこでも触れなかった“仮称みずほコイン”への発言は、多くの期待と関心を集めますね。

ただし、開発品というのは外部に漏らせない秘密があります。ここで軽く口外したのも、ある程度のところまできているのかもしれませんね。

仮称“みずほコイン”についてはインタビューで
さらりと述べられており、細かい詳細等の内容には触れていません。

しかし……
「仮想通貨関連技術の導入はいつか?」
この後にでてくるインタビューの中にあるキーワードを見つけました。

実際に3コインを検討しているという確信がもてるかもしれません。
ほんの少しですが、あわせて抜粋しました。▼▼▼

仮称“みずほコイン”~パブリック(公共)なコイン

パブリックなコインと話しているところをみると、
英単語の意味である「公的な、公有の、公共の、公開の……」
とするなら、一般ユーザーへ提供する独自仮想通貨
仮称“みずほコイン”のことでしょう。

関連するまとめ

安全資産は金より仮想通貨|世捨て人にならないために“仮想通貨”が選ばれる理由

世捨て人でないかぎり仮想通貨が値動きを更新していることを知っているでしょう。しかし、残念ながら日本人は「仮想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8260 view

仮想通貨サイトにDDOS攻撃|より強固な安全対策が求められる取引所

先日15日、FX取引サイトや仮想通貨取引サイトに集中的にDDOS攻撃がなされました。DDOSとはハッカーによ…

すずきまゆこ / 188 view

仮想通貨技術コンソーシアム始まる|SBI会長行に、りそな銀行“金融の約3分の1”参加…

会長行に“りそな銀行”を選任し、仮想通貨の技術活用フィンテック“コンソーシアム”が発足しました。地銀中心に1…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3464 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽