先見の目があるのか、
プログラムや基になることを見出したのか、
怪しいといわれていた時に
仮想通貨事業に参入してきた強者がいます。

話から抜き出した大事なポイントを
数回にわけてご紹介します。

今回は「時計の針を戻すpart1」下記をご紹介します。

・「一過性ではない」消えない仮想通貨(Bitcoin)
・日本人のグレー=黒を払拭「法施行が爆発的普及ホワイト化」
・FX業界2005年7月とリンクする「今の仮想通貨業界」

本連載では、ビットバンクの廣末が聞き手となりビットコインとブロックチェーンの市場に参入表明を行なっている企業、または既に参入している企業にインタビューを行っていく。

この対談内容から「知りたい」を選別します。
対談された相手はマネーパートナーズの奥山泰全社長。
マネーパートナーズグループは2005年6月に立ち上げ
2013年東証一部上場した独立系FX会社。
その後様々な仮想通貨関連事業との提携も有名です。

「一過性ではない」消えない仮想通貨(Bitcoin)

確かに今は仮想通貨バブルとも言われています。
しかし、一時の発熱ではない、
継続的な市場になりうる「質」を感じられます。

特に何か大きなニュースがあったわけではなかったんですが、自分の中でピカーッときたんです。ニューヨーク州でBitLicenseが施行されたり、大規模な資金調達があったりはしましたが、それ自体はあまり大きなトピックではなくて、色々調べていく中で突然「あ、これはもうなくならないな」と。
その頃はまだ、いろいろな人がビットコインは駄目なんだみたいな話をしていましたが、僕の中で、これは一過性のものではなく永続しうるものだと。

マウントゴックス事件前にビットコインにで出会い、
ビットコインのマーケットや関連情報はずっと追い続けていたといいます。
そのうえで魅せられていったのがひとつのようです。
そんな感覚と思われるかもしれません。
しかし、奥山社長は90年代に「個人投資家として名を馳せた人物」
そして、プログラマとしての側面も持つ人物だからこそ
難しい仮想通貨の仕組みや世界は「なくならない」と読み取ったのでしょう。

日本人のグレー=黒を払拭「法施行が爆発的普及ホワイト化」

やっぱり、ビットコインはなくならないと感じていても、ビジネスとして実現していくためにはテクノロジーだけでは駄目で。
現在の日本におけるルールがあって、そことの摺り合わせと、僕らの取り扱おうとしているモノ自体の位置づけを明らかにして、最低限の基準を作っていかない限りは、ビジネスとしての拡がりはないんじゃないかと思うんですよ。

少々批判も出そうな意味にとられますが、
これはしかたないことですね。
世界各国の人柄があって、
その土地の文化や生活が生きています。
もしある一部分が負であっても、
だからこそより際立つ良さも存在します。
財務の世界で何十年も生きてきて思うことは、
これ、そのものが日本の文化であるために、
知りうる人が伝えて解きほぐしていくことしかないようです。
だからこそ専門家であったり
特別な人が誕生するメリットもあります。

こちら側からはグレーはグレーであり黒でも白でもありません。
たったひとつだけを取り上げて黒か白が「追撃」する必要はないのです。

大事なのは利用する側の知識と認識、そして双方の責任でしょうか。
どちらが悪いということはないのでしょう。

グレーは黒という感覚の現れ

世界的に見ると、暗号通貨のマーケットは1200万人に到達しようとしているのに、「なんで3~4万しかいないの?FXがこんなに大好きな国が、なんでなの?」と。恐らく、その背景は危なそうだから近寄らないと。
法律も決まってないんでしょと。だから近づいてこない。なので、ビットコインのマーケットがホワイトになれば、そこに対して雪崩を打って一般の方々が参加してくるんじゃないかと思ってまして。

ここで冒頭の「テクノロジーだけではダメ」だという意見につながります。
「これは白です」と言える「基本マーケット」の確立が、
仮想通貨業界のためになると続きます。

仰るとおりで、今年の2月に日経で”通貨認定”みたいな話があって。やはりあれを契機に安心感が広まって、お客様が増えていっている肌感覚もありまして。ホワイトと認定され、認知され、ルールができるということが、結果的に市場を大きくするということに繋がるのだと思います。

アクセス数も同じく、法案が通ってから興味を持つ方が増えました。
今でも知らない人がいますし、怪しいものとして言う方もいます。
それは、正直仕方ないことですし、そこには必死に説明することもありません。
法的に認められているという事実が正しく存在していても、
選択は、誰もが自由であり強制するものではないことです。

FX業界2005年7月とリンクする「今の仮想通貨業界」

FXの業界でも実は、同じようなことがあったんです。98年に外国為替法が自由化されて、FXが誰でも出来る状態になって。この時は登録もしなくてよくて、まさに誰でも出来たんですね。800社くらいありました。それで2005年7月に、改正金融先物取引法で金融先物の一種にFXが位置づけられて、財務局に登録しなさいと。

  

FX業への参入を厳しく規制するため、既存のFX会社と新規参入業者に対して、金融先物取引業者の登録を義務付け、当局の審査をパスしないとFX業が行えないようになりました。

登録の義務から800社が↓

法施行された結果、180社くらいになったんですが、これが大きな節目でした。

すべてが悪い業者ではありません、資産や審査資格も影響があります。
しかし悪徳業者も一掃されることになったのが法の大きな意味をもちます。

僕が前職の某証券会社にいた頃、2000年頃のFXの状況って、ひと月の口座開設が大体30件程度だったんです。それが、2006年にマネーパートナーズの社長に着任した時には、月次で3000件にまで増えた。つまり、100倍のマーケットになったわけですけど、一番のブレイクスルーが何かというと、FXが法施行下に置かれたこと。
怪しい取引業者がいるんだけど、いいのかな?これいいのかな?っていうのが続いていたところで改正金融先物取引法が施工され、そこでお客様は安心感を持った。参加者が二桁増えたんですよ。
それって多分、グレーからホワイトに変わった瞬間なんですよ。なので今、非常に面白いところにいるなあと思ってまして。ビットコインは資金決済法が改正されて、来年法施行されるでしょうから、まさに来年がFXで言うところの2005年7月なんだろうと思ってます。

FX業者は財務局に登録しなさいと位置づけされた2005年7月。
仮想通貨も今年2016年5月に法案が通りましたが施行は来年。
今がこの瞬間を待つときで、一般的にはまだグレー。
これからが仮想通貨のホワイト業界になるということでしょう。

銀行にお金を預けることは安全ですか?                 【太っ腹企画】チャンス!視聴者全員に5000円分仮想通貨をプレゼント

【視聴無料】あなたの資産を10倍にする!               仮想通貨オンラインセミナーのご案内↓↓↓↓↓

関連するまとめ

マネパカードで仮想通貨Bitcoin利用開始|MasterCard店やATMでも「永…

テックビューロが運営する仮想通貨取引所Zaifと、外国為替証拠金取引の専業会社として初めて上場を果たしたマネ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6493 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽