各誌どこをみても、この話題でもちきりです。
速報の簡易内容が多い中、少し詳しく記載しているのを見つけました。
日本経済新聞(会員限定)からも抜粋してお伝えいたします。

・米コインベースの概要
・コインベース側からの協業メリットと期待
・三菱東京UFJ銀行からの協業メリットと期待
・まとめ金融業界がかわる

仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースは7日、戦略的提携の一環で三菱東京UFJ銀行と三菱UFJキャピタル、ベンチャーキャピタルのソーゾー・ベンチャーズの3社から1050万ドル(約10億5000万円)の出資を受けると発表した。
まずは円やドルの海外送金の仕組みなどを開発する方針だ。利用者は手数料の低下や手続きの時間短縮などのメリットが期待できる。金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」がビジネスモデルに変革をもたらすと判断した。
カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くコインベースは現在、個人投資家向けと機関投資家向けの2つの仮想通貨取引所を運営。 世界32カ国で事業を展開するが、日本にはまだ進出していない。

コインベースは米当局などの認可も取得し、
既にニューヨーク証券取引所やスペイン大手銀のBBVAが出資しているといいます。
現在のところ、アジアへの進出がシンガポールだけにとどまっていますが拡大に向けているようです。

コインベース「三菱東京UFJ銀行との協業メリット」と期待

コインベースの国際事業を担当するサム・ローゼンブラム氏はロイターの電話取材に対し「三菱UFJ銀はアジアにおいても世界においても当社の力強いパートナーになる」と語り、国際的に事業を拡大する上で日本は重要な市場になるとの見方を示した。
創業者で社長のエアサム氏は「主要なグローバル金融機関との提携がわれわれの戦略の柱であり、三菱東京UFJ銀行との協業を楽しみにしている」と述べた。

先に少しお伝えしていますが、コインベースはアジア進出拡大をねらっています。
米国の中では大きな取引所ですが、アジアはこれからというところ。
そこに、メガバンクである三菱東京UFJ銀行の取引口座数にも期待がかかります。
三菱東京UFJ銀行は、国内に4000万口座を持っていると言われており、
口座数を見るだけでも普及に向けた相乗効果が高いと思われます。

そして、日本では仮想通貨を現金に戻す際に、
先に三菱東京UFJ銀行口座を通じて取引をする仕組みになる様子だといいます。
各取引所には必ずメインバンクとなる(手数料が安い・確認が早い他)
指定口座が設けられています。コインベースの日本?は三菱東京UFJ口座がメインになるのでしょうか。

記事内容参考出典:日本経済新聞(会員は全文読めます▽)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04595090Y6A700C1MM8000/

関連するまとめ

三井住友がFinTech関連会社設立!第1号の見通し|“生体認証提供”NTTデータ、…

三井住友が強みとする「決済や認証」を一気に構築していくようです。フィンテック関連企業設立し7月にも営業予定と…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7370 view

リコチケ発表!仮想通貨で転売抑止“ブロックチェーン技術”融合|いいとこどり新型チケッ…

シールドバリュー株式会社が、ブロックチェーン技術と融合した新型チケット「リコチケ」を発表しました。アナログ(…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4165 view

異なるブロックチェーン間を繋げる「Cosmos」って何?メリットデメリットとは

ブロックチェーンの素晴らしさはこのサイトの方で何度もお伝えしている通りですが、そのブロックチェーン同士がつな…

ねもとあい / 2134 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽