三菱東京UFJ銀行は、独自の仮想通貨「MUFGコイン」の
開発にとりかかりました。
発端にはコンピューターを管理する為に
大型のビルを購入するなど、
莫大な費用がかることを
なんとかしたかったためだと言われています。

しかし、世間では三菱東京UFJ銀行の
「MUFGコイン」そのものに注目しています。

「MUFGコイン」がもしかして
新しい仮想通貨のスタイルをつくるかもしれませんね。

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨を発行する最大の理由はコストカットだろう。そして、コストカットを支えるものがブロックチェーン技術だ。
MUFGコインの詳細は今のところ不明ながら、「ブロックチェーン」と呼ばれる新しいネットワーク技術を用いて、IT関連のコストを削減することを目指しているという。

ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の発行はコスト削減につながると期待されていますが、
銀行がもつ情報セキュリティの確保などを乗り越えなくてはいけません。

これによって、銀行は大型のコンピューターを設置するコストを削減できる。

どれほどのコストがかかるか想像がつかないと思いますが、
近しい銀行のトップに聞くと、ここでは個別につたえられませんが、
まさにこの表現がそのものです▼▼▼

現在、多くの銀行はコンピューターを管理することを目的に大型のビルを購入するなど、多額の資金を投じているからだ。

ひとつの大きな親コンピューターと、全ての小さなシステムが枝のようにつながっています。
膨大なデーター量を処理する親コンピューターを維持することを考えれば想像できます。
自分一人で使用するパソコンですら、あっという間にデーターが膨れ上がるくらいなのですから。

何故、コンピューターを設置・管理するためのビルをも取得する必要があるの?▼▼▼

自然災害の影響を考慮しつつ、バックアップのための大容量のサーバを別の場所に設置し、メインのコンピューターのデータを移管する必要もある。

余談かもしれませんが、

また、経営統合によるシステムの一本化など、多くの資金が必要だ。一例をあげると、12年、みずほフィナンシャルグループ(FG)はシステム開発のために2500億円程度をつぎ込んだといわれているが、IT管理にかかるコストを、ブロックチェーンを用いることで削減できると期待されている。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン9万円台|考えられる3要素“ある値を超えたら4桁台突入予測” 

仮想通貨ビットコインの価格が90,000円台を突破しましたね。半減期で急騰した2016年6月につけた高値を超…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10455 view

Bitcoin Cash価格高騰10万円超え|18年中にはBitcoinにかわる仮想…

分裂しないということより仮想通貨ビットコインが下落していると言われています。しかし、仮想通貨市場をみると全体…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 19462 view

仮想通貨ビットコイン下落「中国熱冷める」ピーク時の100分の1|技術的な問題も露呈か

目に見えて価格が下がっている仮想通貨ビットコイン。いつも微妙な幅をくりかえしつつトライにはいるのですが、今回…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10984 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽