Bitcoinの時価総額も上がり続け、1兆円を超えています。

・ここまで急騰している要因と思われる材料3つ
・ビットコインの価格に今後影響を与えるもの
・新しい技術専門サイトから専門家50人のまとめ

について、順番にお届けいたします。

半減期まで1ヶ月を切った週末にビットコインの価格が10%急騰した。現在のビットコイン市場価格は米ドル 679.10、日本円 72,213、人民元 4651.71。中国・端午節の終了に合わせて急騰し、結果、一週間で113.13ドルの値上がりを見せた。
ビットコインの総発行量に対する時価総額も1兆円を超え1.12兆円に到達した。

材料となったと思われる要因

・英国のEU(欧州連合)からの離脱懸念 ※国民投票
・中国経済への不安 ※中国人民元の資本避難
・ビットコインの採掘(マイニング)半減期観測


出典:日本経済新聞(会員は全文読めます)http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL13HUT_T10C16A6000000/

ビットコインが急騰している材料の詳細

国境のない仮想通貨にはリスク回避のための買いが集まっている。外国為替市場では価格変動リスクの小さい円への買いが増えているが、ビットコインは円よりも強さが目立つ。

①英国のEU(欧州連合)からの離脱懸念

イギリスのユーロ圏離脱に向けた国民投票は2週間後に差し迫ったが、現在拮抗しており、またロイターによれば離脱支持が若干上回っていると報じられている。

投資家が英国がEU(欧州連合)からの離脱を警戒しており、
リスクを避けようとする動きがはじまったために東京市場も円高・株安になっています。

イギリスの国民投票は今月23日ですが
「残留派」と「離脱派」では離脱派が上回るとの見方が広まっています。
このため、リスクを避けたい投資家が動き始めていると言われています。

関連するまとめ

CAMPFIRE、クラウドファンディングにビットコイン決済導入|

クラウドファンディングで有名なCAMPFIREが、ついにビットコイン決済を導入しました。本ニュースは今年3月…

鈴木まゆ子 / 1434 view

今だから知る「預金封鎖」日本が報道したくなかったキプロス預金封鎖

2013年キプロスの預金封鎖を、なぜ日本があまり報道しなかったのか?今の日本を比較して、新たな目で見る必要が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5665 view

EU離脱平和の仮想通貨|ついに欧州初、ジブラルタル証券取引所にBitcoin上場

仮想通貨ビットコイン上場がアメリカに続き、ヨーロッパでも初!イギリスのジブラルタルに拠点を置くジブラルタル証…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3169 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽