豪州、カナダはビットコイン促進、規制検討のフランス、マレーシア
普及は進んでいるようだが、各国の政府や企業、取引所は対応策を模索しながらそれぞれの受け入れ、あるいは締め出しを進めている。

「懸念」仮想通貨ビットコイン規制を強化する声

●仮想通貨規制を検討             「マレーシア」

●仮想通貨規制を検討             「マレーシア」

対照的にマレーシア国立銀行はマネーロンダリングやサイバーセキュリティーといった犯罪行為防止策として、ビットコインを含む仮想通貨の規制を検討している。

マレーシアはもともと法規制はなく自由でした。
日本よりも早くビットコインが普及しはじめたと言われていたほどです。
2014年にはマレーシアのガソリンスタンドでビットコイン決済が!と、
アジアでのビットコイン普及が報道されていました。

2014年11月の記事▼

TaximongerというアプリによってマーレーシアのTAXIの支払いをビットコインで出来るようになった。
TAXI内のQRコードをスキャンするのでなく、アプリに直接支払うことで、ビットコインがマレーシア通貨に変換されドライバーに支払われる。
Taximongerは乗客とドライバーのマッチングアプリで、乗客の位置情報が自動的に検知され近くにいるドライバーとマッチさせる。
TAXIの支払いが全てビットコインになれば、車内に現金が無いため強盗の被害も少なくなるのではないか。

中央銀行はしばらくの間、ビットコイン規制をしないとしていました。
ただし、ビットコインを使用する際は、リスクを認識していくべきだと発言していました。
      そして、今年3月▼▼▼

今年3月に報じられたバングラデシュ中央銀行の不正送金事件を受け、マレーシア国立銀行はセキュリティー体制を強化中だ。
バングラデシュ中央銀行が保有するニューヨーク連邦準備銀行の口座から8000万ドルが盗み出された事件で、バングラデシュ中央銀行のセキュリティが無防備であったこと、そして、ハッカーが国際銀行間通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication:SWIFT)のソフトウェアに不正侵入した可能性があることが分かってきた。

完全にセキュリティが粗末だったとも言われています。
日本のマウントゴックスとは別の事件ですが、
ビットコインに限らず、これからもセキュリティについては
追いかけっこをしていかなくてはいけません。

しかし、マレーシアでは仮想通貨のユーザーが2倍になっているという事実があります。
      ▼ ▼ ▼

しかし昨年上半期のデータによると、マレーシアにおける仮想通貨のユーザーは1年間で2倍増。ビットコイン取引総額だけでも、推定200万ドルから300万ドル(約2億1458万円から3億2187万円)に達している。中央銀行が規制に踏み切った場合、こうした仮想通貨の急成長にブレーキをかけることになる。

国民が求めていることと、国がしたいことは
どの国でもずれが生じていることがわかります。
ズレを埋めていくためには、理解と時間が必要かもしれませんね。

●仮想通貨に嫌悪感             「フランス」

●仮想通貨に嫌悪感             「フランス」

さらに仮想通貨への嫌悪感をあらわにしているのは、2017年のフランス大統領選にも出馬している女性政治家マリーヌ・ル・ペン氏だ。
自身が党首を務める国民戦線のウェブサイトで「ゴールドマン・サックスやJPモルガンというウォール街の銀行が、米国やEUなどに仮想通貨とキャッシュレス社会という発想を売りつけた」と非難。
「国民戦線は国家に利益をもたらす現金をサポートする」とし、フランス国内での仮想通貨の流通を阻む意向を明確にしている。

フランスなどのヨーロッパ諸国は、仮想通貨ビットコインやリップル等の
匿名性が「テロの資金調達」に狙われることを懸念していました。

今年1月のニュースでは、ハッキング攻撃に増加に伴い、
匿名での決済システムへの規制を見直すよう伝えていました。
 今年に入り、動きもありました▼ ▼ ▼

関連するまとめ

ビットコインだけで世界一周が可能?14カ国を旅したプログラマーの話

ビットコインだけで世界一周が可能なのか?14カ国を旅したプログラマーの話です。

仮想通貨まとめ編集部 / 1389 view

仮想通貨eクローナ18年に発行判断|世界の中銀スウェーデン「法定デジタル通貨」実証段…

今まで世界の中央銀行(日本で言えば日銀にあたる銀行)が、法定デジタル通貨(仮想通貨)発行を検討していると伝え…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3831 view

日本郵政「ポスト西室」迷走した原因はコレ?「マイナス金利負担・国債保有」関係

日本郵政社長人事は迷走しました。ポストを誰も引き受けたがらない大荒れ理由?「マイナス金利の負担額」「国債保有…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 928 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽