仮想通貨ビットコインに投機して資産管理をする方も増えてきました。
全部の半減期4回のうち、2回目の半減期前に価格が高騰しているのも、
様々な外からの影響(法案ほか)も含まれています。

さらにビットコインを使って投資するビジネスも増えてきているといいます。
現在は法がまだ追いついていないところがあります。
ビットコインがタックスヘイブン=簡単に言うと税金の避難所になれる?
の記事をご紹介いたします。

以前はビットコインその物への投資が多かった。これは、単純に将来の値上がりを予想したものだ。
その一方、ビットコインによる投資ビジネスも盛んとなっている。
そこで最近は、ビットコインを用いて投資するビジネスが増えている。

仮想通貨ビットコインを用いたビジネスパターン

基本的にはビットコインによって何かの金融商品や事業に投資をし、配当はビットコインで受け取る形だ。
量のビットコインが必要になるので、運営者はファンドを設立することになる。

最近多いのは、代理店がお客様にお勧めし契約に至った場合は、
既定のパーセント分をビットコインで支払うパターンですね。
上記のパターンが一番行いやすいところですが他にあります。

これだけ聞くと、現存通貨(例えば日本円)を投資家から集めてファンドを作って運用し、配当を支払うのと何ら変わらない。

関連するまとめ

採掘(マイニング)半減期「仮想通貨ビットコイン」価格に大きな影響か

「仮想通貨ビットコイン」の採掘に訪れる半減期は、何が起こるのでしょうか。価格に大きな影響を与えると言われてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6018 view

ビットコインをVISAプリペイドカードで利用するメリットは?!

ビットコインがVISAプリペイドカードへチャージ可能な「バンドルカード」の発売が発表されましたね。 ビットコ…

Rie Yamauchi / 3382 view

中国の銀行不良債権急増|金利規制はビットコイン取引を押し上げるか

中国政府が銀行の金利規制を復活させました。中国といえば、ビットコインの採掘(マイニング)率の高さでも知られて…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2353 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽