仮想通貨ビットコインに投機して資産管理をする方も増えてきました。
全部の半減期4回のうち、2回目の半減期前に価格が高騰しているのも、
様々な外からの影響(法案ほか)も含まれています。

さらにビットコインを使って投資するビジネスも増えてきているといいます。
現在は法がまだ追いついていないところがあります。
ビットコインがタックスヘイブン=簡単に言うと税金の避難所になれる?
の記事をご紹介いたします。

以前はビットコインその物への投資が多かった。これは、単純に将来の値上がりを予想したものだ。
その一方、ビットコインによる投資ビジネスも盛んとなっている。
そこで最近は、ビットコインを用いて投資するビジネスが増えている。

仮想通貨ビットコインを用いたビジネスパターン

基本的にはビットコインによって何かの金融商品や事業に投資をし、配当はビットコインで受け取る形だ。
量のビットコインが必要になるので、運営者はファンドを設立することになる。

最近多いのは、代理店がお客様にお勧めし契約に至った場合は、
既定のパーセント分をビットコインで支払うパターンですね。
上記のパターンが一番行いやすいところですが他にあります。

これだけ聞くと、現存通貨(例えば日本円)を投資家から集めてファンドを作って運用し、配当を支払うのと何ら変わらない。
現存通貨のそれとの最大の違いは、「出資及び配当に関する法規制がない」ということだ。これを投資家向けに言い換えると、「資金の流れが当局にバレませんよ」「配当に税金がかかりませんよ」となる。こうなると飛びつかない理由はない。

確かに今は出資や配当の規制がありません。
国が指をくわえてみているわけではありませんので、
規制をかけるまでに時間が要するということです。
一番の注意はこの言い回し方でしょうか。
「この言い方なら信頼できそう」「この言い方は注意が必要」と
言及してお伝えできないところなのですが、バレないから、は実に危険なお誘いです。
あまり勉強していない&知らない人は危険ワードだけを使う傾向があります。
使うというよりも、それしか使えないという表現が正しいかもしれません。

タックスヘイブンの地ビットコイン?

このように、ビットコインとテクノロジーを組み合わせることによって、サイバー空間にタックスヘイブンが作り出せる。もちろん当局も馬鹿ではないので、このような税金逃れを防ぐために順次法律を制定している。日本でもビットコインの扱いに関する法案が成立した。今後投資を規制する法律も成立するだろう。

タックスヘイブンとは日本語で租税回避地と言われます。
詳しくは知らなくても、パナマ文書報道で耳にしたこともあるでしょう。

加えて、大企業や富裕層は過度の規制に反対するだろう。彼らはタックスヘイブンの存在を求めているからだ。もちろん彼らは正直にそんなことを言うはずもなく、代わりに「プライバシーの侵害」「国民の財産が国家に管理される」「ビットコインに依存し過ぎるといずれ処理しきれなくなる」等のレトリックで理論武装するだろう
そして多くの個人事業主や中小企業のオーナーもこの意見に乗るだろう。
上記のような理由で、国家公認の仮想通貨ができる未来は来ないかもしれない。BlockStream 等の試みによって仮想通貨の普及率は上がるだろうが、最終的にはそのほとんどはデリバティブに使われるようになる可能性がある

デリバティブとは、先物取引やオプション取引等に代表される金融派生商品。
当然だと思いますが、仮想通貨に限らないところです。

万一国会公認の仮想通貨ができるとすると、
逆にしばられてしまう世界ができあがり、
それは仮想通貨の良さを殺してしまうかもしれない。

まとめに

しかしフィンテックにおいては、ビットコインを用いたタックスヘイブンの運営が最大のビジネスになる可能性がある。フィンテックによって、大きな価値が世の中に新たに生まれているが、その果実のほとんどは富裕層が最終的に独占するのかもしれない。

勘違いする場合があります。
税制の問題ですが、タックスヘイブン(租税回避地)に
ペーパーカンパニーを作ろう!と考えている方の中には、
税金を0でって思っていることが多いのです。
それは間違いであり、もうひとつ言いますと、
タックスヘイブンそのものは悪い事ではないのです。

仮想通貨ビットコインに限らず、
1+1=2という一通りの答えはできません。
例えばですが、2+2=4です。
では4の式は?というと、
1+3もありますね。
それだけではありませんが、
必ず基本を知らなければ
次を知るための土台が作られませんね。

ビットコインの税制についても
正しく知れば何も困ることはありませんね。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連記事:よろしければこちらもご覧くださいね

関連するまとめ

ポーランド、仮想通貨課税を一時停止|「納税資金が不足」「5000超の嘆願書名」が税制…

多くの国は仮想通貨の売買などについて課税としている中、ポーランドは「一時的に仮想通貨を非課税にする」旨の発表…

鈴木まゆ子 / 1360 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。