信託詐欺からサイバー攻撃まで、今年に入ってアジアで仮想通貨がらみの犯罪が立て続けに報じられている。

・英Hullcoinを利用した被害総額710万元(約1億2022万円)の
 大掛かりな詐欺事件表面化 

・香港の仮想通貨取引所、Gatecoinがサイバー攻撃の被害により
 200万ドル(約2億1762万円)相当のトークンを損失

・台湾では30万ドル(約3264万円)相当のビットコイン詐欺

・中国でも4月に英自治体発行仮想通貨の
 ファンド会社を装った詐欺行為

仮想通貨犯罪がアジア諸国で連続していることから、セキュリティーのゆるいと見られるアジア企業や、知識と経験不足のアジア投資家を狙った仮想通貨犯罪が、今後急増するのではないかと懸念されている、

知識と経験不足

セキュリティ―の強化は当然ですが、怪しいサイトにはいかないことと、
信頼おける情報収集は常に必要になります。
そして、多いことのひとつには、保管方法の選択です。

Mt. Goxが潰れたときに、多くの人のビットコインは手元に戻ってきませんでした。
その教訓を生かし、あなたも取引所に多額の仮想通貨を預けておくことはやめましょう。

取引所に預けることが「ダメ」だということではありません。
自分は「何をしたいか」によります。みなさんはどれにあたりますか?

取引所に預けっぱなしにする理由

(1)出金処理が面倒くさい
単純に出金処理が面倒で取引所をウォレット代わりにしている。GOXを体感するまでは危機感が湧かないのかもしれない。

取引所の口座においておくことでの受取利息をもらえたり、
キャンペーンやイベントの参加条件などで預けている人もいます。
知らないで預けたままなのか、知っていて預けているかが大事です。

(2)ウォレットがない
ウォレットをそもそも持っていないパターン。今後価値が上昇しそうなコインを見つけて買ってみたが、ウォレットをどう作ればいいのかわからない。 ビットコインのウォレットすら作れない場合には完全にアウトである。

以前と異なり、今は日本語対応のウォレットが多数でています。
しかも高性能で様々な用途やセキュリティ―を兼ね備えているものもあります。
ウォレットの種類を検討してみてください。

(3)短期トレードをしている。
短期でトレードをしている場合、送金時間のかかるコインでは取引所の外にあると命取りになる場合がある。暗号通貨の値動きは非常に激しいためコインを送っている間に値段が大幅に下落してしまう場合もある。長期投資でコインを購入している場合にはウォレットに移動しても問題はないが、短期トレードの場合には取引所に預けっぱなしにしたほうが都合がいいのかもしれない。
(4)ウォレットだと思っている
取引所がウォレットだと思ってしまっている人もいるようだ。ウォレットの存在すら知らず、取引所がウォレットだと思ってしまっているパターンだ。

何も知らずに、購入している方に多いかもしれません。
普通の銀行口座のような感覚でしょうか。

この中で(3)は、預けたままになるでしょう。
資産運用する方は、金額での線引きをもっている人がいますので、
あえて金額で「ダメ」「いい」と
決められることではありません。

一番の心配は
何も知らない人たちが流行りにのって、
わからないまま保持していることでしょうか。

今からでも見直し確認が必要

ポイントとしては取引所のウォレットを長期的に自分のウォレットとして使わないということです。

Mt. Gox倒産後、多くの取引所はセキュリティに力を入れているとは言いますが、それでも安全だと断言することはできません。

ハッカーはいつでも取引所に攻撃を仕掛け兼ねません。なぜなら取引所に仮想通貨が集まることが分かっているからです。

関連するまとめ

2020年までに今の仕事の50%が消滅する|AIとブロックチェーンが変えていく未来と…

近年、時折「○○年後までにこの仕事がなくなる!」といった記事を目にします。これまで人が行ってきた仕事をロボッ…

すずきまゆこ / 1955 view

『ビットコイン』の健全化で何が起きる?放置から法整備へ、利用者の増加に期待の声

『ビットコイン』が電子マネーと同様の交換機能があることが認められた。G7各国はすでに関連法が整備され、日本は…

情報発信基地『DIVE』 / 539 view

2016年スタート! 日々進化しつづけるブロックチェーンから離れるな

いまや、ビットコインかブロックチェーンなのかと言うほど話題性の高い技術。分散型元帳とは? もう一度振り返る

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 840 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽