2014年、日本のメディアでも華々しくデビューを果たしたビットコイン(Bitcoin)。しかしその登場シーンは、ビットコイン取引所Mt.Gox(マウントゴックス)の破綻という最悪のニュース。
日本ではビットコインを扱っていたマウントゴックスという取引所が不正を行ったため、悪いイメージがついてしまいましたが、ビットコインが悪いわけではありません。
これは単に、ユーザーのビットコインを預かっていた取引所であるMt. Goxが破綻しただけであり、ビットコイン自体には何ら問題がないということだ。
ところが、それら「怪しい」、「盗まれてしまう」、「消えてしまう」、「信用できない」といったイメージは全くの誤解だ。
むしろビットコインは「取引は全て透明性が高く」、「盗むことは非常に困難」であり、「消したくとも消せない」もの。

「盗まれる・消えてしまう・信用できない」脆弱性に対する企業の責任

米サンフランシスコに本拠を置くビットコイン企業Coinbase
創業者であるフレッド・エアサム氏が
アメリカのテキサス州オースティンで行われる
SXSWでトークショーで解説しました。

マウントゴックスとの違い

フレッド氏がCoinbaseで顧客を守るためにやっていることで、マウントゴックスがやっていなかった技術的なことは何ですか?
違いはコールドストレージをどのように運用するかです。ビットコインの保管は、比較的ユニークな問題であり、お金なら金庫が存在しますが、ビットコインの場合は究極的に、秘密鍵をどう守るかに尽きます。

秘密鍵はパスワードと同じで、その鍵を用いることでビットコイン口座にあるビットコインを使うことができます。

ここで話すコールドストレージの考え方としては、
分散されたキー構造を使い、資金の98%をオフラインで保管します。
と話しています。

マウントゴックスで問題だったことは、ビットコインを繰り返して引き出されることを許し、内部会計のチェックとバランスを保つことができず、ビットコインがなくなるまで、資金がコールドストレージされなかったことです。そして今に至ります。

セキュリティ面は? 日本の取引所を見てみよう

いくつか日本にある取引所を確認してみました。
今回わかりやすかったビットバンクトレードさんを例にご紹介します。

ビットバンクトレードでは、お客様の資産の安全性を最重点項目と考え、以下の3つのセキュリティ対策を実施しております。
①SSL&暗号化通信
お客様との通信においてすべてSSLによる暗号通信を行うのはもちろんのこと、ログイン情報はセキュリティ強度の高い技術を用い暗号化した状態で保管しています。

【SSL】
今は、インターネット上の取引においてSSLは当然のように感じますが、
ここでも入力する個人情報やクレジットカード情報などを暗号化しています。
取引所では情報を盗み見から守り安全に送受信する技術を利用しています。

②コールドウォレット&マルチシグ
ビットコインをオフラインで保管するコールドウォレット採用で外部からの攻撃に備えるだけでなく、マルチシグ導入で社内のビットコイン管理体制を厳格化しています。

【コールドウォレット】
・顧客保有ビットコインとビットバンクトレード保有ビットコインを
 インターネットに接続していない環境で保管する仕組み(オフライン)
・第三者からの盗難を防ぐ。

ここでもオフラインを利用しています。

【マルチシグ】
・引き出し権限を管理者ひとりに与えない。
 仕組みは複数の管理者がいなければ引出できない。

ひとりだけの権限は、不正流用やもしくは疑われることになりかねません。
マウントゴックスの事件と同じになるのではないかと思われないよう、
できるだけ信頼の見える化を導入している様子ですね。

③顧客資産の分別管理
お客様からお預かりするビットコイン購入用資金と、弊社の運営資金は別々の銀行で管理。お金の混濁を防ぎ、お客様の資金の保全体制を整備しています。

ビットバンクトレードでは詳しくセキュリティについて記載されています。
※取引所によっては会員登録をしなければ対策を確認することができない場合もあります。

ビットコイン「透明性・消したくとも消せない」

実は、ビットコインはソフトウェアだ。そして、それは「オープンソース」という仕組みで、プログラムの中身(ソースコード)がそのまま一般公開されている。

関連するまとめ

ビットコイン2.0とは、ビットコインの進化系?ビットコイン2.0の広がる可能性とは?

「ビットコイン2.0」とは、ビットコインが進化したものでしょうか? 世間ではビットコイン2.0の可能性につい…

ねもとあい / 3767 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。