消費税10%への引き上げが先送りかもしれない。
を素直に期待してもいいのでしょうか?

あまり知られていませんが、
2015年10月9日に財務省の分科会では
「我が国の財政に関する長期推計」を公表しました。

財政破綻は確実だとする内容で
消費税、最終的に最高【32%】
との政府試算がなさています。

この記事をご存知でしたでしょうか?
内容を一部ご紹介いたします。

消費税、最終的に最高32%との政府試算 収支改善なければ財政破綻必至か

このままでは最高【32%】の消費税負担、
そして…財政再建に成功していた場合でも
【29%】に設定する必要があると示唆されています。

※2015年10月9日公開分

財務省の財政制度等審議会財政制度分科会の詳しい内容を公開

あまり知られていないが、財務省の財政制度等審議会財政制度分科会は2015年10月9日、起草検討委員の提出というかたちで「我が国の財政に関する長期推計」を公表した。
国・地方の債務残高は対GDP比で200%を超えており、中長期の視点でみた場合、
「20年度にPB均衡を達成しても、日本財政は非常に厳しい」という現実を直視する姿勢が最も重要である。

現実の日本は、債務残高がGDP比200%を超えており、
改善をしても日本財政が厳しい現状に直面しているといいます。

平成32(2020)年度に対国内総生産(GDP)比で基礎的財政収支が黒字化した場合など5つのケースを示したが、
33年度以降も収支の改善がなければ、いずれも債務は72年度にGDPの5倍以上に膨らむと推計した。

5つのケースで示されています。
PDF内容は、まわりくどいかもしれませんが、
簡単に言えば、改善がみられなければ、
財政破綻は確実であるとする内容です。

このため、うまく改善できても消費税は29%、
最高32%がなければ破綻するといいます。

我が国の財政に関する長期推計(改訂版)

PDFはこちら△

消費税32%の理由

財政破綻は確実だとする内容で、社会保障費の抑制などの歳出改革に加えて、行間から一段の消費税増税など歳入増の必要を大いににじませた。
このうち重要なのは、記事中の「いずれのシナリオでも、借金の膨張を抑えるには高齢化に伴う歳出増に対する構造改革が不可欠で、

関連するまとめ

ビックカメラAKIBAもビットコイン決済可|決済導入加速“アキバ”が仮想通貨の街へ

東京の秋葉原がオタクの聖地から仮想通貨の街に拡大していく兆しが見えてきました。アキバでは仮想通貨の決済導入が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6195 view

仮想通貨ビットコインが“お金”として認識?|いよいよ米国上位院議員が草案を

いよいよ「お金とは?」の議論が不要になるかもしれないニュースがでました。「ビットコインをお金と認識する」草案…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2637 view

フィンテック業界「ITの光」予算委員会で答弁する秋元氏|仮想通貨消費税にも切り込む

フィンテック(FinTech)は「ITの光」だと答弁した秋元氏。予算員会での一幕です。日本の問題と仮想通貨の…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1492 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽