地方議員の報酬と日本国会議員の報酬

世界からみら日本は正当?
無税の手当があるって本当?

名古屋地方議員を例にした世界との比較「年額」

名古屋市議会がこの3月、自らの議員報酬を年額800万円から一気に1455万円へ650万円も値上げする「条例」を可決した(82%アップ)。

名古屋だけ異常に安いという理由で

しかも、委員会審議もせず、いきなり本会議で強行に採決するという強引な決定である。
言い分として20政令市の中で、名古屋市が異常に安いので平均値に戻しただけとの声が聞こえるが、そもそもこの平均値は誰がどのようにして決めたのか。

名古屋の地方議員だけを取り上げていますが、
全国には「3万3438名」の地方議員がいると言われています。

報酬が高いか安いかよりも、
いったい何をしているのか明確ではなく
働きが報酬にみあっているかどうかだと指摘されています。

名古屋地方議員 VS 世界の議員

名古屋市と人口数が似ているアメリカのシカゴ市では850万円、ヒューストン市で442万円、フィラデルフィア市で800万円、フランスのパリ市は600万円である。これに対し、名古屋市議は2倍以上の報酬額であるという訳だ。

一般市民はどうかというと、
厚労省の世帯所得調査(2014年)では

1600万円以上ーーー2.3%
800万円以上ーーー20.0% に過ぎない

民間一般労働者から見ると
名古屋市議の報酬は
「2%の金持ち集団」に入ると続けています。

地方議員の平均報酬額は地方により差がありますが、
報酬額+別途手当があり、国会議員並みになる地方もあります。

東京地方議員例と手当

議員の場合、非常勤特別職とはいえ、ボーナスも出る。例えば、東京都議の例だと、議員数は127名、その待遇は月102万円の報酬と年2回のボーナスで年俸約1600万円。
これに政務活動費が年間720万円加わり、国会議員並みの待遇にある。ただ、その働きぶりとなると、都民の多くは知らないのではないか。

日本の国会議員は世界で何番目にお金持ち?

英紙エコノミストによると、日本の国会議員の給与、つまり歳費は14万9700ドル(約1810万円)。
1位 オーストラリア・・・20万1200ドル(約2438万円)
2位 イタリア・・・18万2000ドル(約2205万円)
3位 アメリカ・・・17万4000ドル(約2108万円)
そして日本は実はアメリカに次いで4番目に国会議員の給与が高い国だったのです。

このグラフは少し前のものです。
東日本大震災の復興費用とし、削減処置がありました。
国会で廃止が決定されたため、削減前にもどりますので
国会議員本来の年収は、平均2,200万円位になるといわれています。

国会議員の手当を含む
期末手当……635万円
文書通信交通滞在費……1,200万円
立法事務費……780万円
秘書給与……1,800~2,400万円

給与を歳費と呼び、所得税は一般給与所得と同じ扱いですが、文書通信費月額100万円と、手当には税金はかからないようになっています。
年間で約1,200万円は無税となるようですね。

日本は議員数の報酬が高い、
議員数が多いといわれています。
日本・地方を代表して動かし
見合った働き方をしているかどうかで
国民が納得できればいいのだと指摘しています。

高いか安いか、どう評価されるでしょうか。

【年間で約1,200万円が「無税」にも】どうジャッジをするかです。

世界で一番の国会議員お金持ちはナイジェリア~考えなければならないこと

ナイジェリアの国会議員の給与はなんと200万ドル(約2億4200万円)。ナイジェリア連邦予算の70%が議員及び公務員の給与に割り当てられており、政治家のために国家の予算を組んでいるといっても過言ではない状況です。
しかし、石油で得られた資金は国民に換言されること無く、国民の70%は貧困層という貧富の差が非常に激しい国でもあります。
ナイジェリアで貧困や飢餓がなくならないのには納得がいきます。

日本国内の貧富差もひろがっているのはお届けしています。
国内の情勢も必要ですが、世界レベルで日本を比較したときに、
あるべき姿とすべき事柄が見えてくるようです。

高く払うならもっとよい働きぶりを! 数が多いなら思い切って議員数の大幅削減で質を上げよう。

まとめに

正しい情報と、何をしているのかを
開示してほしいところですが、
いつも奥に隠れている日本。

また、話題になるのは
経済破綻とささやかれている日本であるからこそ、
必要な税金は必要なことに有効的に利用してくれること。


自分たちは何をすべきなのか
何をしてこれからの社会を生き抜いていくのかは
自らを動かし必要な部分は保護することも大事かもしれません。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン新たにATM7,000箇所設置へ| カナダとオーストラリアで拡大

カナダとオーストラリアは仮想通貨ビットコイン市場拡大へ踏み出しました。新たにATM7,000箇所利用可能地域…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4661 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽