仮想通貨ビットコインの改正法案のニュースと一緒に
金融グループの規制も変わろうとしています。

銀行規制が緩和されるのは、17年ぶりになるそうです。
と聞くと、今回のビットコインの存在と
お金の環境が変化しているのでは?と感じますね。

今国会中で成立を目指す【出資規制緩和】
お金を預けている銀行が変わる?
私たちのメリット・デメリットもお届けいたします。

「銀行規制」17年ぶりの緩和

マイナス金利や金融離れ~銀行存続のための利益も必要

政府は3月4日、金融庁が提出した「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」を閣議決定したと発表しました。

▽4つの改正内容で構成▽

金融グループにおける経営管理の充実
共通・重複業務の集約等を通じた金融仲介機能の強化
ITの進展に伴う技術革新への対応
仮想通貨への対応

この中でも注目が▽出資規制緩和▽

傘下の子会社の業務範囲を広げ、銀行業に関連したIT(情報技術)企業などを持てるようにする。

関連するまとめ

ビットコイン「貨幣」になると、なにがどうなるの? 仮想通貨法案は世界の注目

ビットコインが貨幣として認められるのか、日本の仮想通貨法案が世界でも注目を集めています。では、仮想通貨法案が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4512 view

仮想通貨ビットコインに“陰から”意図的な攻撃か|ネットワーク16万件以上取引が未処理…

ビットコインキャッシュにマイナー(採掘者)が流れ、ビットコインのネットワークが異常をきたしているようです。1…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9984 view

日銀、フィンテック専門部署を新設

金融業界はどう対応すべきか? フィンテックとは?

情報発信基地『DIVE』 / 1485 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽