「消滅理由」Part1

「消滅理由」Part1

ドキっとする見解が続きます。
仮想通貨が、
世界のお金のキーワードになりつつあるようです。

日本では
仮想通貨ビットコインを認める確定を待っています。
とかく腰の重いと言われる日本政府が動いた仮想通貨。

何故、現金が消滅するのでしょうか。
今起こっている現状と予測をまとめました。

紙幣が消滅する予知と、バトンタッチする仮想通貨

ドイツ銀行「紙幣は10年以内に必要がなくなる」
電子通貨や電子現金システムが必然的に現金や物理的資産に近い将来とって代わるだろう

世界だけではありません。
ご存じの通り、日本でも金融関係や大手企業が、ブロックチェーン技術の研究や実証に動いています。
騒々しいほどの活発な動きを見れば、今いったい何が起きようとしているのかを想像できます。

ドイツ銀行が援助するブロックチェーン・ネットワークでの権威の限定分配によって、金融機関の関与がない個人間での取引を作る事が利用者にとって実質上で不可能になる。

フィンテック(FinTech)という金融+ITの融合に関連します。

サービス決済(スマホ利用・ネット利用・ネット金融取引)
資産管理(ネット上やアプリ利用の家計簿など)
融資(ネットを通じた情報でお金を貸す相手を調べて判断する)

など、金融の関与がいらなくなるといった内容です。

・フィンテック”FinTech
・ブロックチェーンと仮想通貨ビットコイン
(金融業界の革命と挑戦「入門編」)

は、↓関連記事でご覧くださいね。

「マイナス金利」個人にも不安が広がる現状

経済先進国でマイナス金利政策が広がっている。個人の預金の金利さえ間もなくマイナスになるかも知れない。それが銀行のクライアントらの気に入るはずがない。
大口預金者の一斉取り付けが起きれば、世界の銀行システムが壊滅するかも知れない。

日本ではマイナンバーとの紐づけ予定による、
資産を把握されることへの不快感。
現金での管理、昔流行したタンス預金への流動の恐れ。

憶測と言えないような見解が伝えられています。

2020年目標|政府が目指す「現金不要」キャッシュレスの世界

日本に目を移すと、スマートフォンが急速に普及しているのは海外と同様だが、現金信仰が強く、現金(振込や口座振替を含む)による決済比率が非常に高い
ただ、日本政府は2020年の東京オリンピックに向け、国を挙げて決済のキャッシュレス化を推進しようとしている。

決済は日常的に行われる支払業務です。
日々の生活で必要な場面となります。

キャッシュレスに登場するのは、
クレジットカードだけではありません。
電子マネーも携帯電話で決済できる仮想通貨も一員ですね。

日本だけじゃない法律を動かす仮想通貨

関連するまとめ

Visa(ビザ) ヨーロッパが提携|仮想通貨Bitcoinマイクロペイメント少額決済…

仮想通貨のビットコイン・マイクロペイメント少額決済サービスを提供するスタートアップSatoshiPayがビザ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1557 view

仮想通貨ビットコイン分裂危機「不正」発覚で価格上昇|AsicBoostの脆弱性を利用…

ビットコインの分裂危機が報じられていたBitcoin Core(ビットコインコア)とBitcoin Unli…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7112 view

カナダ中央銀行は仮想通貨CAD-Coinを開発中|ビットコインは20年先の金融革新

カナダ銀行(中央銀行)はカルガリーで行われた非公開の発表の場で、同国の複数の大手銀行と共同で電子版カナダドル…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2043 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽