“仮想通貨”と聞くと、すぐに思い出すのが“ビットコイン”だ。円やドルとビットコインとの交換レートが大きく変動していたため、投機の手段と見られることが多かった。

仮想通貨ビットコイン「負」のイメージ

「2009年から流通し始めたビットコインですが、世界最大の取引所だったマウントゴックス社が14年2月、85万ビットコイン(時価470億円)の“消失事件”を起こして経営破綻。

仮想通貨ビットコインが悪いのではなく、マウントゴックス社の流用でした。
一度ついた負のイメージを、払拭するのは難しいのが現状です。

また07年に発覚した疑似通貨“円天”による詐欺事件もあり、こうした“通貨”に対していいイメージを抱いている人は少ないだろう。
円天事件

円天事件

健康商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」は「100万円で年利36%」をうたい文句に多額の出資金を募りました。2007年1月から利息払いを、現金から疑似通貨「円天」に変えましたが、資金繰りが悪化し、円天での配当も止まりました。円天とは会員が振り込んだ現金に応じて発行するポイントのようなもの。
この商法に全国で主婦らを中心に約5万人がだまされ、同社が集めたお金は1000億円を超すと見られている事件です。

仮想通貨ビットコインと円天が同じようなものだと、解釈する人もいるようです。

「負」の事件があっても、人気はやまない「仮想通貨ビットコイン」

「決済手段としての価値は落ちていません。アメリカのオンライン旅行予約大手のエクスペディアや、パソコンメーカーのデル、アメリカの楽天スーパーロジスティクスなどが、ビットコイン決済を導入しているのです」(経済部記者)
なぜ決済手段として活用されるのか。それは、ビットコインを使った方がコストを下げられるからなのだ。
「すべての取引データを、ネットワークに参加する利用者それぞれが持ち、常時相互監視することで、不正を防ぐことができる、というもので、“分散型台帳”とも呼ばれています」

ブロックチェーンの技術は、分散型台帳といわれるもの。
簡単に言いますと、ひとつひとつのブロックに取引が記録されていきます。
記録は、つながっているネットワーク(共有者たちというほうがわかりやすい)でも、同じ情報を確認できます。

三菱東京UFJをはじめほとんどの邦銀は、銀行を通るすべての金融取引のデータを行内の大型コンピューターで管理し、システム投資に多額の費用をかけている。

銀行では、取引情報やかかわるデーターを、大きなコンピューターで管理しています。
この運用や維持には、莫大な費用がかかっています。

ブロックチェーン技術をつかった「MUFGコイン」は、どんなもの?

MUFGコインは、複数の小型コンピューターのネットワーク上に、改ざんされにくい「取引記録の台帳」を安く構築できる「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術を活用。
大型コンピューターを介する必要がなくなるため、システム投資を大幅に抑えられるという。

三菱東京UFJ銀行は、昨年9月に日本の金融機関として初めて、ブロックチェーン技術に強みを持つ米ベンチャー企業R3に参加しています。

実用化されれば、金融取引などの管理にかかる費用を大幅に節約し、国際送金や振り込みの手数料を安くできるという。当面「行内通貨」と位置づけるが、円と交換できるようにして同行の利用客らに発行する構想もある。

ネット上ではその動向に注目が集まっている|反応は?

「これできたらかなり凄いな。ビットコインは持つ気にならないけど、三菱東京UFJお墨付きなら持ってもいいな」
「日本と海外との銀行間送金が容易に実現できないなら。早期に期待したい」
「やっと重い腰を上げたか。 やろうとしてることはまだネットバンクの延長線上といったところ。 スマホだけで完結できるようにしてほしい」
銀行が発行する仮想通貨の流通に期待するネットユーザーも多かった。 など、混乱してしまうのではないかとの不安の声も投稿されていた
銀行が発行する仮想通貨であれば、それなりの信用は得られそうだが、現金に取って代わるには少々ハードルが高そうだ

信頼の高い硬いイメージの銀行と、
一部では怪しいイメージがつきまとう仮想通貨。

人によっては、相反する2つが
腕を組むとは思っていなかったかもしれません。
銀行が取り入れる理由は他にも、あるのかないのか…

公開できるようになってから
新たな発表が聞けるかもしれませんね。

三菱東京UFJ銀行「仮想通貨mufgコイン」の実用化報道について

(三菱東京UFJ銀行)

「社内というクローズドな環境で、独自のブロックチェーンを構築して活用法の検証を行っているのは事実です。が、あくまで新技術の試行、研究というレベルで、その先に何らかの計画があるわけではありません」

(先のジャーナリスト)

「預金を行内通貨に交換すれば、行内の海外拠点への送金などは手数料がぐっと節約できますし、空港や海外での外貨の両替も簡単になる。また、行内通貨をショッピングやマイレージなどの“ポイント”と連携させれば、金融サービス以外の分野でもさまざまに利用できるでしょう」
仮想通貨ビットコインが拡大しない理由

仮想通貨ビットコインが拡大しない理由

大きな事件があっても、利用が6割増となっています。
しかし、仮想通貨ビットコインは、一部で「悪い顔」のイメージが、消えていないのも事実です。
はざまにいるビットコインの規模が、なぜ拡大しないのでしょうか。

あるところでは、理由に「信用力」がないからだと考えられると述べられています。


国のあと押しが入り、世界の先進国も同じ仕組を導入するようであれば、仮想通貨は現実社会にあふれ出し、当たり前のものになるでしょう。
つまり何かあった時に「補償」してくれる実力があるところが手掛ければいいのです。
そうすれば「信用創造」によって、世界の経済規模は拡大することができます。
「銀行」はA君から預かった1億円のうち、「手元に置いておくことが決められた金額」と、「日銀に預けなければいけない金額」を除いたお金をビジネスに使うことができるのです。

つまりA君のお金を担保に、ルールに則ってお金を貸し出します。 すると金利を払ってでも儲かる商売があって、「利益」がでます。

「利益」が銀行に預けられれば、再び同じことが繰り返されます。

こうして市場に出回るお金が増えていくことで、経済規模は拡大していきます。この時に、リスクが高くならないよう監視する「金融庁」などがあります。 
信用創造とは

信用創造とは

銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことで、
お金(預金通貨)が増えていくしくみをいいます。

銀行の貸出によって通貨供給量が増加し、
信用貨幣も増加する機能を指しています。


これが「信用創造」であり、多くの国が滅んでも、このシステムは残りました。 それはきっと便利だからでしょう。
「通貨」があるから蓄えが出来て、車などの高いものも買えるのです。
購入するなら、どっち?

購入するなら、どっち?

購入するなら「ビットコイン」か「MUFGコイン」のどっち?コミュニティでやり取りしていました。

確かに、信用性はMUFGコインだと、大多数の手があがるでしょう。
しかし、補償されていないからこそ、投機として資産として運用していく価値がある、といわれるのはビットコインでしょう。

長期、短期、リスク、利用目的…さまざまな個々の条件で、選択する幅が増えるのは、わたしたちにとって自由度が増します。個々の判断責任も必要となります。

どんな話題でも同じことが言えますが、プラスもマイナスも必ずどこかに潜んでいます。あとは、どれだけの情報を入手し、自分で判断できるかにつきるところですね。

「MUFGコインはどうやって手に入れるのでしょうか?」と、コミュニティで発言がありました。
待ちきれないかもしれませんが、まだ…開発中ですね。

関連するまとめ

2020年までに今の仕事の50%が消滅する|AIとブロックチェーンが変えていく未来と…

近年、時折「○○年後までにこの仕事がなくなる!」といった記事を目にします。これまで人が行ってきた仕事をロボッ…

鈴木まゆ子 / 8446 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽