三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」実験開始から
仮想通貨の話題はは熱が冷めない状況になっています。

あれから数日ですが、新しい情報が交差しています。
前回まとめにはない別の情報を含めました。
コミュニティをまわると、通貨の世界は
銀行の世界とは柱が異なることを知ります。

新しい情報と銀行通貨は仮想通貨になれない?
を考えます。

朝日新聞Digitalは1日、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨『MUFGコイン』の開発を進めていると報じました。これは日本では初めての事例です。日本最大手の銀行と、ビットコインの騒ぎが記憶に新しい仮想通貨。なんだかミスマッチのように思えてなりません。

“ミスマッチ”という点に疑問をもつ方も多いでしょう。
日本では仮想通貨のイメージが悪く、関心をもつ人も少ない状況でした。

三菱UFJ銀行mufgコイン開発中という報道の沸点は、金融業界が手をつけたことに対してかもしれません。怪しいイメージが強い仮想通貨を、銀行が動かすことで堅いイメージに一瞬で反転させたかもしれません。

ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一つで、実用化されれば、金融取引などの管理にかかる費用を大幅に節約し、国際送金や振り込みの手数料を安くできるという。

今回のMUFGコイン開発については、
顧客の管理や顧客離れ防止やサービス向上も
期待できると言われています。

一番の利用目的は、銀行がかかえている既存のシステムよりも
大幅にコストを削減する為だということです。

一度大きな主となるサーバーに集めるのが一般的です。
例えば、もっと大きな情報といえば、
信用調査を使う場合を想像すると、
金融関係全体で情報を共有しています。
どの金融関係からもアクセスし
情報をあっという間に取り出せてしまいます。
数秒でデーターがはじかれていきます。
管理することとセキュリティを守ることに
膨大な費用がかかるのは当然です。

昨年の秋からMUFJコインの開発に着手し、すでにウォレットの試作品は完成間近だという。
昨秋から開発に着手し、コインをスマートフォンに取り込むアプリケーションの試作品がほぼ完成。スマホによるコインのやり取りを検証し、銀行が手がける仮想通貨にふさわしい仕組みを研究する。

すでに、スマホによるコインのやり取りを検証しているそうですね。
ウォレット(携帯財布)の試作品は完成間近だというのですが、
もしかして! 完成しているかもしれませんね。

行内の業務システムとしては優れた構想ですが、一方で、消費者にとっては、なにかメリットがあるのでしょうか?。記事では、MUFGコインを一般の消費者が使えるようにするという構想もふれられています。

一番の関心は消費者へのメリットですからね。

将来1MUFJコインのレートを1円に固定してMUFJのサービス利用者がコインを使えるようにする構想もあるようだ。

同行に口座を持つ人が「1円=1MUFGコイン」の比率で預金をコインに交換。
三菱東京UFJの海外拠点の口座に送ると、手数料が激安?
これは、MUFGコイン内の口座残高の振替問題ということですね。

同行に口座を持たない人でも、
コインを利用できる仕組みも検討されているそうです。

マイニング要素を取り除いたビットコインやね
流通量も制限無いから利用者が増えても希少性が上がる事は無いと
銀行口座を持たない人でも、MUFGが提供する専用のウォレットアプリをつかって、ログインIDとセキュリティーキーを通して、MUFGの銀行システムに接続すれば、MUFGコインが利用できるということとになるんだろうとおもいます。

つまり、消費者にとっては、銀行の支店にいって口座を開設する手間が省けるくらいで、本質的なユーザー体験はあまりかわらないわけです
上記のようなMUFGコインに相当するものは、よくよく考えますと、すでに存在していると考えられます。そうです、銀行預金残高です。

自分の口座のお金は名前をかえてmufgコインとして出し入れするだけ?

「仮想通貨って?」ときかれると、「誰からも管理されていないお金」ですね。たとえば、日本円は日本および日本銀行によって管理されています。中央でお金を刷り管理化にあります。特に日本は恵まれており、多少の値動きはありますが、その価値はほぼ保証されていますね。

仮想通貨には管理者がいません。価値を決めるのは利用者です。

また、よく比較される電子マネーは現金を電子化したものに過ぎません。仮想通貨とは異なり、現金と同じように信頼性があります。物体がない点からも、仮想通貨と電子マネーが同じだと思われがちです。

仮想通貨と電子マネーについては関連記事で詳しく案内しています。

関連するまとめ

Android Payがスタート!ビットコインも使える?

Android端末を使って支払いができるAndroid Payがアメリカで正式にスタートしたそうです。 …

仮想通貨まとめ編集部 / 1046 view

仮想通貨や地域通貨、ポイントも「即時交換システム」開発|デジタルガレージがブロックチ…

あるプロジェクトが始まりました。楽天ポイントやTポイント、地域通貨、そして仮想通貨といった「異なる種類」を、…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4242 view

楽天が2年ぶり仮想通貨関連に|ビットコインデジタル決済のBitnetに購入検討か

楽天がビットコインのデジタル決済プラットフォームを提供する「Bitnet」からアセットを購入する検討をしてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3053 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽