仮想通貨ってどんなお金? 使用者増え徐々に信頼感
円でもドルでもない新しいお金、仮想通貨って知ってる? 海外で使う人が増えていて、日本では政府が初めて法規制に乗り出したわ。

仮想通貨と電子マネーやポイントと何が違うの?

仮想っていうくらいだから実物のお札や硬貨(こうか)があるわけじゃないんだよね。よく使っている電子マネーやポイントと何が違うの?

とてもシンプルに、技術面かた見たメリットでご紹介します。

電子マネーでは不可能でビットコインでは可能なことは「個人間で送金すること」「コストをかけずに店舗に導入すること」の2点です。

無線ICカードなどを利用した電子マネーは、あくまで日本円に対して新しい方法で決済する術を提供するだけのものです。また、決済方法の設計としては消費者と店舗は区別します。

図のオレンジが支払先の店舗とした場合に、水色の〇が支払う側の顧客とします。
電子マネーは 店舗:顧客一人ですね。
仮想通貨は、店舗を通さずとも個人間送金が可能です。
店舗が銀行とした場合も同じです。
よって経由しなくても送金ができるということになりますので、
店舗が決済システムを導入するときにコストがかからないとなります。
また導入コスト以外にも、通常ですとランニングコストがかかります
    ▽ ▽ ▽

例でいえば、
カード会社=店舗が契約します。
お客様がカード利用をした場合、
お客様購入→店舗でカード手続き→カード会社→お客様のカード決済→カード会社→お客様支払いを店舗に送金決済
これだけでも手数料はかかります。

仮想通貨であれば
お客様が仮想通貨で購入→店舗
これだけで決済が完了します。

お客様もカード決済後の明細を確認しなくても
その場で決済金額がすぐに目視でき安心です。

一方、ビットコインは単なる日本円の決済手段ではなくひとつの「貨幣(の役割を果たすもの)」として動きます。またビットコインは決済モデルが対称的で消費者とサービス提供者を分けません。
送金、決済手段としてはビットコインの方が自由度が高いのです。

仮想通貨とポイントって何が違うの?

今は仮想通貨の話も多くなりましたので、
ポイントとの違いを聞かれることが少なくなったと思います。
利用したことがない方には、少し不明な点もあるかもしれませんので
簡単にご案内いたしますね。

まず、企業ポイントと呼ばれるものですが、楽天ポイント、Tポイントが代表的ですね。アマゾンもポイントがあります。さらに、航空会社のマイレージ、これもポイントの一種です。agodaなどのホテル予約ポイント、近くの商店街のお店でもポイントスタンプがあるとおもいますが、あれも企業ポイントの一種です。 いまやあらゆる企業でこの手のポイントが発行されています。
企業ポイントというのは、次のような性質をもっています。

・買い物をするとおまけで貰える
・その企業で次のサービスを購入するときに使える

一方で

・その企業のサービス購入にしか使えない
・他人に譲渡できない

となっています。

一般的に企業ポイントは、サービスの利用やお買い物をすると、
利用金額に応じて貯まるもの多いですね。
ポイントサイトでも登録したり利用に応じての付与になりますので、
実際にお金を支払っていなくても利用したものにつくという性質にかわりありませんね。

仮想通貨ビットコインについては、
決済能力のあるものになります。
通貨ではありませんが、
現金やクレジットカードと同じように
法的に決済できるものとして認められました。

ビットコインの場合は、
マイニング(発掘)で入手するか、
取引所や交換所で購入するか、
報酬で受け取る他等あります。
円で(ドル購入もあり)ビットコインを買うことが多いでしょう。

※世界中でビットコイン決済可能店が増え、日本でも現在1,400店舗が利用可能とされています。

オンラインゲームで使うコインみたいなもの?

データでやり取りする見えないお金という意味では似ているけれど、全く違(ちが)うものよ。ゲームのコインはゲームでしか使えないけど、仮想通貨は現実の世の中で使うことを目指して2009年に「ビットコイン」ができたのが始まりなの。

仮想通貨はインターネットで取引所や交換所で円と交換して入手できます。
場所によっては実際にビットコインATMもあり、購入することが可能です。

支払をする決済方法が増える

ビットコインは誰が発行しているの?

私たちがふだん使う円は日銀が発行や出回る量の管理をして、国が通貨として使えるように保証しているの。

仮想通貨ビットコインは、中央となる管理者がいません。
これは細かい説明が必要になりますが、簡単に言いますと
マイニング(採掘)によってビットコインは発行され、
円のようにいつまでも刷られるものではありません。
ビットコインには最初から上限があります。
金(ゴールド)に似ていると思っていただけるほうがイメージしやすいですね。

裏付けする組織がないのに、お金として信じられるのかな。
それがこの通貨の不思議なところ。初めはインターネットに詳(くわ)しい一部の人たちがやりとりしていただけだったの。

利用する人が増え、
またビットコインの基本を詳しく知ると、
透明性のが高く不正もできないブロックチェーンも知ると
信頼が高くなります。
そして、ゴールドと同じく需要と供給のバランスです。

信頼度が上がり、
そして限りあるものには価値がついていきますね。

※ブロックチェーンの詳しい内容については、
よろしければ関連記事をご覧くださいね。

自国通貨より便利さを感じる人もいるわ。13年に地中海の小国、キプロスで経済危機が起きた時は国や銀行を信じられなくなった人が増え、自国通貨で預金を持つよりもビットコインに交換した方が安全と考えた人がいたようね。
でも世界でビットコインを使う人は増えていて、1千万人を超(こ)えたそうよ。

そして、さらに日々増え続けているBitcoinを入手する人。
身近にいる人は、話をしないだけで利用しているかもしませんよ。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連記事:よろしければこちらもご覧くださいね。

関連するまとめ

仮想通貨決済はメリットある?クレジットカード決済との違いは?初心者向け

仮想通貨で決済をすることが、まだ一般的ではありませんが、よくクレジットカード決済との違いが比較されています。…

ねもとあい / 3980 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽