一目でわかる!仮想通貨の種類

200種類以上の仮想通貨

その数200種類以上、Bitcoinだけじゃない仮想通貨


2014-09-28
その数200種類以上、Bitcoinだけじゃない仮想通貨

follow us in feedly

f:id:sjinda:20140925173625j:plain

Photo by Jason Benjamin
仮想通貨はBitcoinだけじゃない

みなさんが「仮想通貨」と言われて想像するのはおそらく、このブログのメインテーマにもなっている「Bitcoin」だと思うのですが、Bitcoin 以外にも仮想通貨が多く存在します。少しリストアップしてみると、

Ripple
Litecoin
altcoin
Colored Coins
Namecoin
Monacoin
Dogecoin
Nxt
WorldCoin
Peercoin
Mastercoin

など。現在、仮想通貨の種類はなんと200以上にのぼっています。

Ripple は Google や a16z など名だたるファンドから出資を受けており、Litecoin は2013年時点で流通総価値が10億ドルを超えていると言われています。
独自の仮想通貨をつくる事が出来る「Mastercoin」

すでに200種類以上も存在する仮想通貨ですが、個人でも独自の仮想通貨を立ち上げることが出来ます。冒頭のリストにも出てきた Mastercoin というサービスを使うと上記のことが可能になります。

Mastercoin は 2012年に J. R. Willett 氏によって公開されたプロジェクトです。Mastercoin は Bitcoin と互換性のある仮想通貨で、かつ、Bitcoin とは違うルールで独自の仮想通貨を運営できるプラットフォームを目指しているオープンソースです。Mastercoin 上で、立ち上がった新仮想通貨の価値が高まると、Mastercoin と Bitcoin 、双方の価値が同時に上がるという、相互メリットがあるという形式で Bitcoin との共存を狙っています。

興味ある方はこちらのサイト(英語)をご覧ください。

関連するまとめ

第4回仮想通貨まとめ主催!ビットコイン飲み会を開催します♪【仮想通貨まとめ】

おかげさまで第4回目を迎えたビットコイン飲み会! 仮想通貨まとめ主催の仮想通貨に興味があるが人の交流会です。…

都丸美由紀 / 2044 view

ビットコイン取引所・販売所比較(特徴、手数料ほか)仮想通貨2016最新

ビットコイン取引所/販売所は日本でも安定してきましたね。今回は国内主要取引所/販売所を5社ピックアップしまし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2652 view

仮想通貨は損ですか?|仮想通貨を使った相続税対策とは

2015年の相続税の増税により、さまざまな相続税対策本やセミナーを見かけるようになりました。 しかし、本やセ…

すずきまゆこ / 907 view

関連するキーワード

松本のぶよし

日本で、仮想通貨が貨幣と認められました。

しかし、国内では、ビットコインの利用や取引、お店での利用はほとんど見られませんが、
外国との取引に、今後仮想通貨が使われていくでしょう。


また、日本に来る外国人観光客が、手数料の安い仮想通貨の支払いを求めるようになるかもしれません。


今のうちに、学んでおきませんか?