Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)とは?

ビットコインキャッシュ(単位: BCH )は 2017年8月に誕生した仮想通貨です。名前に「ビットコイン」が含まれますが、いわゆる「アルトコイン(※)」の一銘柄です。

ビットコインキャッシュはブロックサイズを大幅に大きく設定し、主にビットコインが持っていたスケーラビリティ問題(取引データ処理に対するシステムやネットワークの拡張性・柔軟性の問題)に対応し改善させたものです。現在では、「ビットコインキャッシュABC」と「ビットコインSV」の2つに分かれています。

※仮想通貨業界では、ビットコイン以外の仮想通貨銘柄をアルトコイン(代替コインの意)と呼びます。

Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)の誕生経緯

2017年にビットコインの需要が急増した影響で、送金速度が遅延したり手数料が高騰するという事態が起こっていました。これを受け、ビットコインの利便性を高めるために主要コミュニティとは別に開発を行うコミュニティが発足し、ビットコインキャッシュが誕生しました。その後、2018年には、開発者コミュニティ内における対立が原因でさらなるハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュABCとビットコインSVの2つに分裂しました。

ビットコインキャッシュの仕組み

ビットコインキャッシュの仕組みはビットコインと同様、Proof of Work (略称: PoW、プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。発行上限は 2,100 万枚。それに、4 年に 1 度の半減期が設定されています。ビットコインキャッシュの発行はマイニングによって行われます。一方、ビットコインと大きく異なる点は、そのブロックサイズです。ビットコインキャッシュのブロックサイズは、ビットコインと比べておよそ30倍ほどの 32 MB に設定されています。ブロックチェーンにおいてブロックサイズが大きいということは、一度により多くの取引を処理できることを指します。ブロックサイズ以外の基本スペックはビットコインとほぼ同じです。

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュは通貨としての利便性向上努力が常に行われています。それに加えて、普及活動も積極的に行われています。例えば、地中海に浮かぶ島国キプロスにて政府関係者や大統領などの要人と面会の機会を設け、ビットコインキャッシュの普及を行なわれていますし、中国の決済&チャットアプリの WeChat ではビットコインキャッシュの送金が行えるウォレット機能が追加されたり、規模の大きな営業活動が行われており、着々と実を結んでいるといえます。

また、ビットコインキャッシュを基軸通貨とする仮想通貨取引所なども立ち上がり、通貨としての信用も向上するとみられ、将来性には期待が高まっています。また、DApps 構築のプラットフォームをビットコインキャッシュでも展開していく計画もあります。

(※価値予想についてはあくまで参考程度にお読みください。)

ビットコインキャッシュの買い方

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は国内または海外の取引所で購入することができます。ビットコインキャッシュの取り扱いがある日本国内の取引所には、bitFlyerCoincheckDMM Bitcoin等があります。

購入手順はざっくりまとめると次の通りです:

  1. 好きな仮想通貨取引所を選び登録する
  2. 本人確認を行う(画像を提出)
  3. 各種認証手続きを行う
  4. 取引所へ入金する
  5. 好きな仮想通貨を購入する

他の仮想通貨への投資はリスクを伴います。必ず納得いくまで調べたうえで、慎重に進めましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *