「秘密鍵」のまとめ(1ページ)

韓国大手サムスンGalaxy S10に「仮想通貨(暗号資産)ウォレット機能」搭載が明…

以前から噂されていた韓国の大手携帯メーカーSamsungによる「仮想通貨(暗号資産)ウォレット機能搭載」。特に人気のGalaxy…

鈴木まゆ子

バーチャルな仮想通貨(暗号資産)を物理的にプレゼント「ウォッカ」資金調達に成功|秘密…

日本国内で「物理的に仮想通貨(暗号資産)をプレゼントできる」事業を展開するコールドウォレット企業のウォッカ(Wodka)。同社が…

鈴木まゆ子

「約160億円分の仮想通貨(暗号資産)が全喪失した?」カナダ取引所CEO”死のリスク…

仮想通貨(暗号資産)のリスクの盲点は、もしかしたら「取引所CEOの死亡や行方不明」かもしれません。1月31日、カナダ最大の過疎通…

鈴木まゆ子

GooglePlayで仮想通貨”偽”ウォレット4つ発見|サイバー犯罪の中心は「仮想通…

GooglePlayで仮想通貨に偽ウォレットが4つ発見されました。いずれもユーザーの個人情報をハッキングすることが目的であったと…

鈴木まゆ子

仮想通貨Trade Token (TIO)がコールドウォレットから12億円盗難|Tw…

スイスのブロックチェーン会社であるTrade.ioが、自社の独自トークンであるTrade Token(TIO)の流出をTwitt…

鈴木まゆ子

北朝鮮、独自仮想通貨発行の計画か|アメリカの経済制裁を回避?すでにマネーロンダリング…

アメリカの経済制裁に苦しむ北朝鮮ですが、その難を仮想通貨の利用で逃れているとされています。国外の複数の取引所を経由して仮想通貨を…

鈴木まゆ子

【仮想通貨ハッキング】Twitterで疑惑がもたれている「内部犯行」の可能性|”ザイ…

Zaifやコインチェック、さらにビッサムなどで今年になり、仮想通貨取引所ハッキングが相次いでいます。一般人だけでなくメディアも「…

鈴木まゆ子

アンディ・ウォーホルの数億円絵画がブロックチェーントークンに|絵画×ブロックチェーン…

絵画の世界にもブロックチェーンが浸透してきています。アンディ・ウォーホルの絵が、ブロックチェーンのトークンになり、数億円で落札さ…

鈴木まゆ子

バンカメ、ブロックチェーンによる暗号化技術特許を申請”2度目”へ|「自ら秘密鍵を管理…

バンク・オブ・アメリカ(通称「バンカメ」)が、仮想通貨に関する安全な管理についての特許を申請していたことが23日に明らかになりま…

鈴木まゆ子

仮想通貨ETFを実現するための4要件とは|仮に認可されるとしたら「レバレッジ」ではな…

仮想通貨ETFの認可の是非に市場の関心が集まっています。ここで改めて見直したいのが、SEC文書に書かれている「仮想通貨ETFを実…

鈴木まゆ子

香港の資産運用会社、仮想通貨のカストディサービスを検討|”金融”での位置づけが高まる…

香港の資産運用会社が仮想通貨に関するカストディサービスを計画しているとのことが明らかになりました。すでにCoinbaseが始めて…

鈴木まゆ子

仮想通貨の”相続”の問題と対策①|「目に見えない=意識しにくい」から厄介、対応のキホ…

仮想通貨の認知度が高まった今、気にしておきたいのが「相続」です。仮想通貨の投資家層のメインストリームは20~50代の現役世代です…

鈴木まゆ子

1億5000万円相当のETHハッキング、Taylor社|日本の”安全な”ウォレットか…

先月末、利便性の高い仮想通貨取引用アプリを開発したTaylor社から1億5000万円相当のイーサリアムがハッキングされました。同…

鈴木まゆ子

仮想通貨の持ち主は誰か|不測の事態、所持者が不在になったら相続は?

仮想通貨の世界で難しい点は、いくつかあります。情報を理解するための難しさと、そして個人資産として安全確保の対応や知識。また、不測…

仮想通貨まとめ編集部の志水

ビットコインの安全性|マウントゴックスには無かったセキュリティとBitcoin秘密鍵

仮想通貨ビットコインの信頼は、マウントゴックス事件から今でも悪いイメージを持つ方がいます。しかし、取引所は「マウントゴックスと違…

仮想通貨まとめ編集部の志水