コインチェック、13日にも日本円出金の見通し|利用者一部は「被害者団体」結成、訴訟も検討に投稿された画像

まとめ

まとめ

コインチェック事件の影響については、金融庁の立ち入り検査が終ったとしてもしばらく長引きそうです。
今回の事件における今後の課題は次のようなものがあげられます。

・資産管理(コールドウォレット保管の遵守)
・情報開示(特に資産状況などを含めた財務状況の開示)
・役員など幹部層への金融業界専門家の招致(他の取引所のCEOは金融畑出身者が多い)
・利用規約などの見なおし

これ以外にも多々ありますが、仮想通貨は「金融商品」ではないとはいえ、それと同等の法令順守が必要となります。

一方、投資家側にも

・リスク分散
・課税(賠償金はこの場合、課税対象となる目算が強い)

が今後のテーマとなります。

ニュースの動向に一喜一憂するのではなく、さまざまなパターンを想定し、対応を自分自身で考え、決めていくことが必要です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE

コインチェック、13日にも日本円出金の見通し|利用者一部は「被害者団体」結成、訴訟も検討に投稿されている画像

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

follow us in feedly