仮想通貨の節税方法②|必要経費は「取得価額だけ」って思っていませんか?に投稿された画像

大事なポイント:売上に直接必要かどうか

大事なポイント:売上に直接必要かどうか

ここで注意したいのが「仮想通貨の売却益に直接必要な経費」ということです。
PCやスマホなど、いつも使っているのと別に完全仮想通貨取引のみで使用しているものがあるなら、仮想通貨取引のみの機器は全額計上してもよいかと思われます。
しかし、大半の人は、同一機器で、取引のかたわらYahooニュースを見たりツイッターを見たりLINEしたりすることと思います。
そのような場合は「専用」とは言えないので、時間などで按分しなくてはなりません。
ただ、厳密に時間を測る必要はなく、普段の生活を振り返り、「おおよそこれくらいかな」という基準を自分の中で明確に作ってください。それが外から見ても「妥当だな」と思えるラインならそれでOKです。あと、その基準を、今後、恣意的に変えた理しないことが大事です。

ハードウォレットについては、若干微妙です。税務当局としては「それ、ホントに売上作るために必要なの?」と言ってきそうな感じがあります。
しかし、ハードウォレットと売上の関連性を客観的かつ合理的に説明ができるなら、私は経費として落としてもよいように思います。実際に、取引所に仮想通貨を置きっぱなしにしていることは危険なわけですし。既に何件も盗難事件が発生しています。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE

仮想通貨の節税方法②|必要経費は「取得価額だけ」って思っていませんか?に投稿されている画像

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

follow us in feedly