韓国の仮想通貨取引所Coinbin、20日に破産申請

韓国の仮想通貨Coinbin(コインビン)が先週20日、現地で破産申請を行ったことが明らかになりました。

この影響を受けるユーザーなどはおよそ4万人、損失額は約293億ウォン、日本円で約29億円に相当すると言われています。

なお、この損失額の内訳は、

また、コインビンのCEOによれば、現在、

「内部の従業員による横領と運用コスト増による負債増加のため、弁護士と破産を準備している」

「経営幹部による横領」が破綻の原因か

なお、同取引所の経営破綻の原因は、経営幹部による横領だったと言われています。

コインビンの主張によれば、

今回ユービットの元CEOで、コインビンで仮想通貨管理を担当していた幹部が横領を犯した

また朝鮮日報によれば、

この幹部が昨年11月、ビットコインで520BTC、イーサリアム101.26ETHが入ったコールドウォレットの秘密鍵を紛失した
ユービット側はこの幹部が仮想通貨の専門家であることから、この紛失が意図的なものであり、横領にあたると主張している。

Youbitは2017年12月にハッキングされている

なお、コインビンの経営幹部であった人物が以前CEOを務めていたYoubit。
こちらの取引所は2017年12月にハッキング被害を受けています。

当時は「北朝鮮によるものではないか」と言われていましたが、、、、

いまだに真実は闇の中です。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

仮想通貨ATM業者コインソース、NY州でビットライセンス取得|世界の仮想通貨ATM中…

アメリカニューヨーク州は仮想通貨規制が厳しいエリアとして知られています。その特徴の一つが、仮想通貨業ライセン…

すずきまゆこ / 949 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。