Digital Currency GroupとGrayscale Investmentsの創立者でCEOのBarry Silbertは、

Barry Silbert, CEO and founder of Digital Currency Group and Grayscale Investments,

bitcoin以外にも、かつて熱かった暗号市場の大部分は、最終的には価値がなくなると述べた。

said besides bitcoin the majority of the once blazing hot crypto market will eventually be worthless.

CEOはCNBCの取材に対して、「ほとんどの仮想通貨(暗号通貨)は失敗するでしょう。 しかし、仮想通貨ビットコインは“まだ市場を支配”するだろうと語ったと報じられました。

もっと単刀直入に表現すると「仮想通貨ビットコイン以外の仮想通貨(暗号塚)は、ほとんどがゼロ(価値)になる」というもの。

現在彼の

イーサリアム・クラシック、Zキャッシュ、ファイルコインなどの暗号通貨取引を顧客へ提供している。

もう少し補足すると

彼が仮想通貨ビットコインの初期から見続けてきたことは確かなようです。仮想通貨市場は当時はまだ数少ない種類の中で、ビットコインが80%以上のシェアを誇っていました。現在2000種類と言われる仮想通貨の中でも50%以上を占めています。

一時、仮想通貨バブルと言われた時期のICOで、数多くのイーサリアムベースのトークンが発行され、それに伴いイーサが大きく価格を伸ばしました。

しかし、ご存じの通り、IOCの価値が問われるようになり、

Silbert CEOは、ほとんどのICOがユーザーの利用を主な目的として発行されておらず、関係者が資金調達を行うことを目的として行われていることを指摘している。

ほとんどのICOは、単に資金を集めるための試みであったと話し、基になるトークンそのものの意味がないと説明。ゆえに、そこにあるものの大部分は排除されるでしょうと考えを示しているのです。

Silbert CEOが指摘するように、ユーザーがサービスを受けるために使うことができるICOトークンのほとんどは実際に使われおらず、投機目的に利用されることがほとんどだ。
独自のトークンを発行するより、広く暗号通貨で決済できるサービスを提供する方が理にかなっている。

では、なぜビットコインは、他の仮想通貨と異なるのか。

関連するまとめ

イギリス名門大学が仮想通貨”相場操縦”に関する論文を発表|4か月間で230件の価格操…

イギリスの名門大学であるロンドン・インペリアル・カレッジが、ビットコインなど仮想通貨に関する相場操縦について…

すずきまゆこ / 2311 view

関連するキーワード

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。