ある人は「今の仮想通貨市場に無関心でいてほしい」と言う。
それは、なぜか?

当然ですが「ライバルは少ないほうがいい」という考えのようです。

“ある人”の話の背中を押すように、
今回は米国の投資ファンドが「仮想通貨(暗号資産)」業界が、“回復”する理由を公開しました。そして、注目ポイントに着目しています。

仮想通貨の市場は回復予測となる2019年の注目ポイント

年末までに仮想通貨市場の回復傾向が始まるとの見通しを立てた。

一般のユーザーが一番に思い描くのは、
仮想通貨の「価格」になりがちかもしれません。
しかし、そのための事前要素が必要になります。

幾つかある「回復兆しの理由」の中から、鍵となる点を紹介していますが、注目ポイントと連動させてのご紹介は詳しく必要になりま。
その為、数回に分けて詳しく取り上げていきますが、本日は「2つ」の着目点をご紹介いたします。

ICOトレンドの余波がポジティブ要因を上回ったと指摘した上で、
2019年に「12の注目ポイント」の内、9つが前向きに動いているとした。

この中で重要とみられる2つの要素は

5.法定通貨→仮想通貨の流入
6.仮想通貨→法定通貨の換金トレンド

これは、法定通貨(フィアット)と仮想通貨の“取引ペア”を、提供する取引所増加が大きなカギだと報じています。

そして、現段階において法定通貨(フィアット)建の“取引ペア”を増やすことに積極的な仮想通貨取引所の最大手バイナンスを例にあげていると言います。

「法定通貨から仮想通貨への交換ができる取引所を世界各地に5から10設立」する意向を示しており、
今後もどのような仮想通貨取引所でどの法定通貨との取引ペアを提供するのか期待される。

今現在のところ、「日本」では仮想通貨(暗号資産)を取り扱う場合に届け出が必要であり登録業者として認可されなければ行うことができません。その意味では、仮想通貨取引所がメインになります。

しかしシンプルに考えると、この先は、その点さえクリアできれば、何も「仮想通貨取引所」だけが行える取引とは限らなくなることもないとはいえません。

関連するまとめ

Amazon(アマゾン)やスターバックスは仮想通貨を開発か|市場の期待は銀行より信頼…

Amazon(アマゾン)とスターバックスは、「仮想通貨やブロックチェーン」を事業に取り入れる姿勢を示している…

元)仮想通貨まとめの志水 / 12084 view

関連するキーワード

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。