先週、Bitcoin開発者の会議であるSatoshi’s Roundtableで、仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)の総供給量を増やす必要があるかもしれないとの意見が出たと言います。

仮想通貨ビットコインは発行枚数(総供給量)は2100BTCで「有限」とされてきました。こうした提案がなされているのは、「マイニング後(採掘後)」も、マイナー(採掘者)のインセンティブ(報酬)を保つためだとしています。

It was Matt Luongo who floated the proposal, in response to a discussion about anticipated adoption of the Lightning Network (LN).

Lightning Network(LN)
ライトニングネットワークの採用が
予想されることについての議論を受けて、

開発者の一人である
Matt Luongo氏は、
これを“賛成”する意向を示しています。▼

仮想通貨ビットコインの大きなイベントとも言える「半減期」

これは、ブロック報酬が4年ごとに半減し、ライトニングネットワーク(LN)が実装した場合、将来的にチェーン取引の量が少なくなる可能性があるため、鉱山労働者がネットワークを保護する動機は、ほとんどないとも言える可能性を考えてのことだと記されています。

Luongo’s suggestion of raising BTC’s total supply is intended to incentivize mining in a future of minimal block rewards and minimal onchain volume.

仮想通貨BTCの総供給量を増やすという提案は、最小のブロック報酬と最小のチェーン量で将来的に採掘を奨励することを目的としています。

現在存在する「仮想通貨ビットコイン」が、2100万に達するとは“限らない”ことを知っていることが、通貨に対してデジタル不足をもたらしているとも見られています。

しかし、少しでもこの上限を引き上げると、“持ち株”価値のイメージが下がる可能性もあります。

また、仮想通貨やブロックチェーンの先駆者であるNick Szabo氏は、ハッシュパワーが長期的に減少しても仮想通貨ビットコインのセキュリティが回復不可能なほど低下することはないことを述べました。

しかし、高い価値のトランザクション受信者は、信頼するまでにさらにブロックを待つ必要があるかもしれないと付け加えています。

反するTushar Jain氏は、

Bitcoinコミュニティにとって「可能なことに適応する検討できないことは大きな弱点だ」と言い、Luongoの提案を擁護しました。

まとめ

Given that there was no mention of Bitcoin’s proposed supply in Satoshi’s seminal whitepaper, perhaps the number itself was never particularly significant to him.

Satoshiセミナーのホワイトペーパーに仮想通貨Bitcoinの提案された供給についての言及がなかったことを考えると、おそらく“その数字自体”が彼にとって特に重要ではなかったでしょう。

関連するまとめ

ビットコインに熱い中国!

中国人のビットコインの過熱

松本のぶよし / 3514 view

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。