なお、SBIホールディングス傘下のSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)は、国内の仮想通貨(暗号資産)取引所で初めて、ユーザーにコールドウォレットを配布しました。

「取引所ウォレットに預けっぱなしは危険」はもはや仮想通貨(暗号資産)の常識といってもいいでしょう。

「利便性」「気軽さ」とともに「安全性」の点からも、今後は、より使いやすいコールドウォレットの重要性が増していくものとみられます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

OBITS(オービッツ)新仮想通貨購入ラスト週|取引所オーナー3つの期待

新しい仮想通過OBITS(オービッツ)を購入できるカウントダウンに入りました。分散型取引所OpenLedge…

元)仮想通貨まとめの志水 / 5616 view