「アリペイ”ブロックチェーン”国際送金で約14億円の節約」投資会社分析

同サービス(アリペイのブロックチェーン基盤の国際送金サービス)を使えばフィリピンの労働者が年間1億香港ドル(約14億円)を節約できる可能性がある

このように評価したのは中国の大手投資銀行CICCリサーチ。
このアリペイのクロスボーダー(国際送金)システムは香港―フィリピン間で昨年から展開されています。

6月に行われた試験送金では、2~3秒で送金が完了したとの報告がなされています。

CICCは、先日、香港で初めて、アリペイ香港を使った電子的なクロスボーダー送金を試し

その結果、

「サービス手数料なしで他の国境を越えた送金方法よりも有利な為替レート」で国際送金を実行
「全てのやり取りはわずか2~3秒で完了することが分かった」

「SWIFTよりもはるかに有利」CICC報告

また、CICCは以下のように比較を行い、アリペイの国際送金システムの優位性を主張しています。

ウェスタンユニオンや、Worldremit、TNGなど、香港のフィリピン人メイドが一般的に使用している主要な国際送金方法と比較
CICCは、アリペイ香港は、1日24時間、週7日リアルタイムで送金することが可能と指摘
クロスボーダー送金分野におけるSWIFTの独占に長期的な挑戦をもたらすかもしれません

国際送金サービスは”SWIFT””リップル””アリペイ”他、競争が激化する可能性

国際送金システムの基盤として40年以上その地位を占めてきたSWIFTですが、手数料の高さ、着金の遅さ、昨今の不正送金の頻発などから問題視されています。

一方、仮想通貨(暗号資産)XRPを使ったxRapidなどの独自台帳技術を用いて低コストかつスピーディな国際送金を実現しようとしているのがリップル社。すでに200社超の金融機関と提携していると言われています。

さらにこの国際送金システムについては中東も着目。
今回お伝えしたアリペイのシステムも含め、今後競争が激化する可能性があります。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

関連するまとめ

ドイツフランス、そしてIMFが仮想通貨規制の呼びかけ|「リスクと犯罪への警戒」以外の…

ドイツとフランスが共同で今年3月に開催されるG20で仮想通貨規制への国際的な協力を呼びかける旨を発表しました…

すずきまゆこ / 10833 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。