米Forbes誌「2019年次フィンテック企業50社」に仮想通貨企業6社ランクイン

フィンテック(Fintech=Finance+Technology、金融技術)が騒がれるようになって早数年。
当初は、電子決済などが中心に騒がれていましたが、今やフィンテックの話題で仮想通貨やブロックチェーンのキーワードを目にすることも珍しくなくなりました。

そういった世相が、企業特集などにも表れているようです。

米著名経済誌フォーブス は、2019年次の『フィンテック(金融技術)企業50』の順位リストを公開

ランクインした6社は

ランクインしたのは次の6社▼

Axoni:ニューヨークにある、世界のデリバティブ市場を審査するスマートコントラクトを開発・提供するブロックチェーン企業
Bitfury:ドイツのアムステルダムに本社を置く、ビットコインのマイニングマシンを開発・販売し、ビットコインの追跡ソフトを米政府に提供するブロックチェーンサービス企業
Circle(サークル社):米大手仮想通貨企業で、昨年取引所Poloniexを買収。米大手仮想通貨取引所Coinbaseと提携し、米ドルに準拠した価格安定通貨USDCを発行している。
Coinbase(仮想通貨取引所):米国最大級の仮想通貨取引所。    
Gemini(仮想通貨取引所):ウィンクルボス兄弟が経営する米ニューヨークに拠点を置く仮想通貨取引所。        
Ripple Inc.:米サンフランシスコに拠点を置き、国際送金のソリューション提供を手がける企業。

リップルは「5年連続ランクイン」

ちなみに、リップル社は、今回で5年連続、『フィンテック(金融技術)企業50』にランクインしたことになります。

リップル社は国際送金システムを拡充していることで知られています。
スピードや信頼性が評価されたのかも知れません。

2018年次は20社がラインクイン…仮想通貨バブルの終焉か

今回、6社がランクインしたことは非常に喜ばしいことですが、前回よりは低めです▼

昨年の『フィンテック(金融技術)企業50』には、仮想通貨・ブロックチェーンの調査企業Chanalysisなど20社以上が入っていた

こういった状況を見て、仮想通貨メディアCoinpostでは次のように評しています。

関連するまとめ

「副業の勤怠管理をブロックチェーンで」BCCCで紹介&議論|複数企業にわたる勤怠をト…

日本の社会では「副業解禁」の流れが来ています。ただここで気になるのが「勤怠をどうするか」本人任せではゴマカシ…

すずきまゆこ / 2359 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。