BinanceのCZ、シンガポールでのインタビューで今後の展望を語る

世界最大の仮想通貨取引所BinanceのCEOであるCZは、シンガポールで開催されたイベントBinance Blockchain Weekに参加。
ここで、You TuberのBoxminingからインタビューを受け、数ヶ月以内にリリース予定のBinanceチェーン、そしてBinanceの今年の展望について語りました。

「ERC20トークンはBinanceチェーンに移行」

まず、昨年に発表されたバイナンス独自のブロックチェーン「Binanceチェーン」について。
こちらは今年初めのリリースが予定されており、同時にBinanceの分散型取引所DEXもBinanceチェーンベースで同時リリースされることになっています。

これについて、CZは次のように語りました。

「同チェーンは、カレンシータイプで、スマートコントラクトを使用していないトークンにとってはるかに速く、そして安価である」
シンプルな設計であるBinanceチェーンは、より複雑な設計を必要としない通貨において、これまでとは違う選択肢になり得る

そして、現在イーサリアムブロックチェーン上にあるERC20トークンはすべてバイナンスに移すと言及。

もしERC-20をトークンとしてのみの利用目的である場合、イーサリアムチェーン上に残る理由はありません。
Binanceチェーンでは1秒で取引が完結するからです。つまり、より速く、より安く取引を行える。

さらに、次の可能性についても示唆▼

Binanceチェーンは発行目的以外で、スマートコントラクトを利用した設計を目的とするトークンには対応していない

しかし

将来的にはより多くのトークンに対応できるよう、Binanceチェーンをアップグレードする

「法定通貨経由で仮想通貨取引を促進したい」

また、現在、法定通貨ペアOKの取引所を増やしているBinance.
先日、バイナンス・ジャージーにて英ポンド建・ユーロ建の仮想通貨取引OKにしたところ、登録希望者が殺到しました。

この状況につき、CZは次のように述べました。

現在、ニュージャージーのマーケットは圧倒的な需要があることがわかりました。つまり、それだけ(世界的にもまだまだ)需要はあるのです。
まだ「価値」は法定通貨という形をメインにおいている事が主流である
「お金」は、仮想通貨市場のマーケットキャップよりも規模が大きい。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン70万円突破高値更新|米CMEがButcoin先物を年内上場“初…

仮想通貨ビットコインが70万円を突破し最高値更新をしていますね。昨夜、突破する瞬間を見ながら、「米CMEが先…

元)仮想通貨まとめの志水 / 10389 view

関連するキーワード