イーサリアム、昨年12月に過去最高3番目のオンチェーン取引高に

今年1月に行われるはずだったイーサリアムの大幅アップグレード「コンスタンティノープル」。
しかし、Solidityであるがゆえの脆弱性の問題から、このアップグレードが延期になりました。

イーサリアムのコンスタンチノープルでは、コンセンサスアルゴリズムの方法を従来のPoWからPoSに変更することが予定されています。
これにより、イーサリアムプラットフォームの普及に伴い問題視されていたトランザクション問題(Gas手数料の高騰、トランザクションの遅延など)が解決すると見込まれています。

不安要素の多いイーサリアムですが、オンチェーンでの取引は活発な模様。
仮想通貨・ブロックチェーンの調査会社Diarが21日に発表したレポートによれば、

イーサリアムのオンチェーンでの取引高が2018年12月に1億1500万ETHに達した。
2016年のイーサリアムのハードフォーク後では、過去最高を記録した。

2016年のイーサリアムハードフォークとは「The DAO事件」のことをいいます。
イーサリアムへのハッキングにより、イーサリアムコミュニティはハードフォークを行う選択をし、結果、現在のイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)に分岐しました。

さらに、Diarによれば、

「オンチェーンのトランザクション数は昨年10月から安定しており、月間1600万~1700万で推移している」

米ドルベース取引は「低水準」

その一方、米ドルベースでのオンチェーン取引高は22カ月ぶりの「低水準」なのだとか。

8年の取引高はドルベースで8億1500万ドルで、17年の11億ドルから減少した。
「イーサリアムの価格が80%下落したため、2018年1月のピークから同年12月にかけて、オンチェーンの取引高は97%減少した」

Diar「もともとETH手数料は低い=トランザクション問題は成長を妨げない」

なお、このレポートの中でDiarは次のように分析しています。

BTC大富豪ピアース氏「今年中にスケーリング問題を解決すべき」

なお、コンスタンティノープルの延期に絡み、ビットコイン大富豪として知られるブロック・ピアース氏は、CNBCの仮想通貨番組「クリプトレーダー」のインタビューに答え、次のように言及しています。

Crypto News: Is Charlie Shrem still ”All In” on Bitcoin in 2019? - YouTube

出典:YouTube

イーサリアムは今年中にスケーリング(規模の拡大)の問題を解決しなければならない

関連するまとめ

ブロックチェーン企業コンセンシス(ConsenSys)、宇宙探査企業を買収|宇宙×ブ…

ブロックチェーン企業コンセンシス(ConsenSys)が宇宙探査事業を行う小惑星鉱業企業プラネタリーリソーシ…

鈴木まゆ子 / 1268 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。