スイスのファルコン銀行、独自ウォレットでの仮想通貨→法定通貨の両替可能に

世界の多くの中央銀行や民間銀行は、仮想通貨に対してどちらかというと厳しめの眼差しを向けています。

2018年、仮想通貨の世界的な規制強化の波が始まった際、欧州やアメリカの金融機関が仮想通貨の取り扱いを禁じたのは記憶に新しいところです。

一方、「世界のクリプトバレー」を目指すスイス。
この地のプライベートバンクであるファルコン銀行は着々と仮想通貨に金融の未来を見出しているようです。

スイスの銀行ファルコン・プライベートバンクは21日、独自のウォレットからビットコインなど仮想通貨の直接送金や法定通貨への両替が行えるようになったと発表した。

取り扱う仮想通貨は次の4種類▼

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)

サービス提供の対象者は

サービスの内容

サービスの内容は、仮想通貨の直接送金・法定通貨への両替の他、

ファルコン・ウォレットのユーザーはオンライン銀行や専用の窓口を通じて取引注文を入れる事ができる
デジタル資産は、自動的に税金報告書やポートフォリオ書類に含まれる
銀行が仮想通貨の管理を徹底するカストディサービスも提供する予定だ。

そして、独自のカストディサービスについては、

ファルコンプライベートバンクのこれまで

ファルコン・プライベート銀行は、2017年、スイスの規制当局からブロックチェーン基盤の資産管理の承認を受けた。

金融の世界での仮想通貨の話題というと、中心的なのがリップル社による国際送金です。
この他、オフチェーンでの仮想通貨送金のライトニングネットワークや日本のサンドボックス制度の対象となっているクリプトガレージの決済の実証実験なども注目されています。

関連するまとめ

ブロックチェーン基盤の”暗殺市場”登場、Auger(オーガー)の”賭け”が裏目に|批…

仮想通貨Auger(オーガー)の賭けの機能を使った暗殺市場が登場したとして話題になっています。トランプ大統領…

鈴木まゆ子 / 2015 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。