2018年の市場の”弱気”と逆に仮想通貨関連カンファレンスは”強気”

弱気相場で知られた2018年の仮想通貨。
しかし、そんな市場の状況を気にすることなく、投資家や技術者たちは根強く仮想通貨を愛し、関心を示し、未来に期待していたようです。

仮想通貨リサーチ機関「TradeBlock」の調査によれば、仮想通貨関連カンファレンスの数は依然上昇傾向にあるとのことです。

「TradeBlock」の公式アカウントにより、2018年の月ごとの仮想通貨関連カンファレンス数のデータが次のように公表されました。ここから、仮想通貨関連のカンファレンスが増加していることが読み取れます。

ビットコイン価格の暴落を迎えた11月にも52回に及ぶ大小のカンファレンスが催され
2018年度の最高値である10月の53とほぼ並ぶ格好

▼2018年11月はBCHのハードフォークなどネガティブ材料が影響し仮想通貨が軒並み下落しました▼

そして、

10月と11月に開催された注目度の高いカンファレンスとしては、「Malta Blockchain Summit」があり、およそ8500人に及ぶ企業等の代表者が参加

また、2018年11月には世界最大のテックカンファレンス「Web Summit」がポルトガルのリスボンで開催されました▼

こちらについても、

約7万に及ぶ来場者の参加があった。
「Web Summit」といった大きなイベントは、レギュラーチケットも約2千ドルと非常に高価であるが、それにも関わらず高い人気を誇っている格好だ。

仮想通貨の未来に期待している投資家や技術者は今後の流れを見定めるべくカンファレンスに参加するわけですが、「高いチケット代を払ってでも、業界の動向を知っておきたい」という動機が働いていることになります。

もし、本当にオワコンならば、こういったカンファレンスは開かれないでしょう。

これ以外にも、昨年秋、リップル社主催のカンファレンス「Swell」が注目を集めました▼

こういったことからも仮想通貨業界は「まだまだこれから」であることがうかがえます。

日本のこれからのカンファレンス(直近)

日本では今月末、大規模カンファレンスが横浜で開催予定です。

また、1月15日には、あの藤巻参議院議員も参加する「仮想通貨『大反省会』」が開催されます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

関連するまとめ

JVCEA奥山会長「日本の現行法制で仮想通貨ETFはハードルが高い」|ブルームバーグ…

今日の仮想通貨ニュースで注目を集めたものの一つが「日本の金融庁が仮想通貨ETFを検討している」というブルーム…

鈴木まゆ子 / 767 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。