先日、発生したイーサリアムクラシック(ETC)への51%攻撃▼

このアタックを最初に発見したのは米大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)でした。
その後、コインベースは今回の攻撃による損失額が日本円にしておよそ1億2000万円に達したことを発表しました。

ブログポストで、イーサリアム ・クラシック上でブロックの「Reorganization(再編成)」を確認

再編成は、一つのマイナーが他のすべてのネットワークより資源を持つことで、ブロック生成の歴史を塗り替えることを意味します。つまり、51%攻撃が成功したということです。

合わせて8万8500ETC(約4800万円)の二重支払いが発生したと公表
被害額が21万9500ETC(約1億2000万円)に達したことを明かした

Gate.ioは「顧客の損失全額補償」を発表

51%攻撃による被害はCoinbaseだけではありません。
ケイマン諸島に拠点をおく仮想通貨取引所Gate.ioも同じです。

Gate.ioでの51%攻撃は日本時間2019年01月07日9:40から2019年01月07日13:20までの間に発生しました。

イーサリアムクラシックのブロックチェーン上において7つの取引の巻き戻しが発生

この送金された事実について、Gate.ioは次のように説明しています。

「初期の段階で51%攻撃を阻止」したものの、「すべての取引が妥当に見えた

さらに、次のように発表。

FXCoin松田氏「PoWからPoSへの流れ、強まる可能性」

なお、この事態を受け、FXCoinのシニアストラテジストの松田康生氏は次のように分析しています。

この分析のもとには、BTCとBCH、ETHとETCの関係性への着目があります。

BTCとBCH、ETHとETCの様にコンセンサスアルゴリズムが同様で互換性が高い

関連するまとめ

仮想通貨バンカーが2030年に有望な職業に!!

将来有望な職業として仮想通貨バンカーが注目されていますよ!

ケンちゃん / 4132 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。