今まで海外送金経験をした方はご存じのことと思いますが、海外送金は時間とコストがかかりすぎます。
土日祝日を挟めば、実際には6日間確認できないこともあります。
また、送金の手続きにも時間がかかり、日本であれば午前中の11時までに駆け込まなければ、当日とはならず日数が増えていくばかり。

あなたたちも法定通貨を使うことで週末にマーケットが閉まった後のボラティリティのリスクを取っているではないか」

日々為替レートは動いている為、待っている間、そして送金確認ができるまで、為替のレート価格がいくらで計算されて着金になるのかわかりません。
今、目の前でみているレートがいきなり大暴落することもありうるわけです。
海外へ10万円送金しなければならない支払いがレート計算では9万円になることありうるわけです。
たん的に言えば、これは支払いという目的に適正でないとも受け取ることができるのかもしれません。

クロスボーダーでの送金においてSWIFTは、送金に数日かかりコストも高くつくのが問題点として指摘されてきた。
一方、リップルは送金完了に数秒しかかからず、「銀行はリップルを通して60~70%のコスト削減することが可能」だ。

数秒で送金が可能な仮想通貨(ここではリップルXRP)であれば、“目の前で確定”することができ、そして送金手数料が安い。海外送金の大きなデメリットである「送金に時間がかかる」「バカ高い送金手数料」がスッキリすることになりうるわけです。

仮想通貨リップル(XRP)の利用が義務となるxRapidも今月初めに3社で商業利用がスタートしたと発表された。

しかし現段階では、RippleNetに参加している機関のほとんどはクロスボーダー送金のためにXRPを使用しないでしょうとも伝えているところがあります。

XRPを使用しない彼らは、ブロックチェーンであるリップルネットの決済層と、国境を越えた支払いに他の機関のネットワークを使用する予定だといいます。
例ではBBVAがポルシェへのローンを手配し、Rippleの技術スタックを使用して大規模な即時国際転送を行いました。

参考資料:https://www.ccn.com/ripple-5-more-banks-fintechs-will-use-xrp-cryptocurrency/

2018年には、約100の金融機関がRippleNetに加入し、現在は1週間に2社、場合によっては3社の新規顧客に契約しています。

In 2018, nearly 100 financial institutions joined RippleNet, and we’re now signing two—sometimes three—new customers per week.

そして、昨年、顧客が増加したこともあり、オンデマンドの流動性を確保するために「XRP」を活用する顧客が増え始めているとも補足。しかし、

結局のところ、私たちの目標は、世界中のどこにいても、お客様が優れた効率的なクロスボーダー決済を確実に提供できるようにすることです。

At the end of the day, our goal is to make sure our customers can provide excellent, efficient cross-border payments experiences for their customers, wherever they are in the world.

仮想通貨としてのリップル(XRP)を重要視するユーザーも多いかもしれません。
しかし、本来仮想通貨そのものがこの社会に刺激を与えてきたのは、投機目的もで投資目的でもありません。
昨年の低迷を境に、大事なことが何だったかを伝えていくべきときなのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

リップル(Ripple/XRP)が与える影響|仮想通貨をけん制する金融が取り入れる

リップル社SWELLが開幕しましたが、仮想通貨XRP(Ripple/リップル)の価格は落ちたという報告だけが…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6109 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


19歳より始めた投資経験
(多き失敗も含め)、
88の副業経験を活かし、
仮想通貨だけではなく
お金そのものに焦点をあて、
個人サロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。