7日の仮想通貨相場は「全面高」の展開に

弱気相場続きだった2018年。
2019年になり、変わるかと思いきや年初はあまり芳しくない価格変動に。

しかし7日、全面高の展開になりました。

ビットコイン(BTC)、前日比6%以上で4000ドル台回復

ビットコイン(BTC)は過去24時間で6%以上上昇し、心理的節目の4000ドルを回復

日本時間午前7:30時点ではBitflyer上で前日比6.28%高の43万9800円で推移しています。

ライトコイン(LTC)、時価総額6位に浮上

この好調ぶりの背景にあったのはいくつかの要素があったようです。

まずライトコインのライトニングネットワークのノードが100超に▼

そしてライトコイン財団が総合格闘技UFCのタイトルマッチのスポンサーになったことなど▼

このほか、

仮想通貨取引所OKExレンディングサービス「Piggy Bank」に採用;ライトコインの「永久先物取引」を開始

などが影響したのでは、とみられています。

「ビットフィネックスのメンテナンス」が懸念材料に

ただ、油断はできません。
というのも、本日19時から大手仮想通貨取引所のBitfinex及びEthfinexで大型メンテナンスが予定されているからです。

データの移動に伴いUTC時間で1月7日の10時(日本時間1月7日19時)から最大7時間のメンテナンスを行う

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインが需要増その理由|過去とトランプ氏選挙結果は重要

ビジネス誌のどこかで必ず取り上げられる米ドル/円相場。日銀による為替介入も予測されているようですが、これから…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4249 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。