仮想通貨の弱気相場がユーザーの記憶に残った2018年。
2017年の高騰期に新たに仮想通貨取引に参加したユーザーにとっては衝撃的な1年となったことでしょう。

同時に、関連産業にとっても打撃の1年に。
仮想通貨投資ファンドのGalaxy Digitalは大損失を計上(でもCEOのノヴォグラッツ氏は強気)、そしてマイニング業界では各社が相次いで事業の縮小やリストラ、撤退を発表しました。

「貸付」「レンディング」業界は弱気相場でも好調

ただ、打撃を受けた産業だけではないようです。
仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出したり(あるいは法定通貨を担保に仮想通貨を貸し出す)、あるいは仮想通貨をそのまま貸し出す「貸付」「レンディング」サービスは順調だった模様です。

ブルームバーグの取材に答えた貸付業者は次のように答えています。

「安値で仮想通貨を手放したくない借り手や空売りのために仮想通貨を借入したい大手投資家からの強い需要を見出している」

リクルート出資のブロックファイ、6月から収益が10倍に

たとえば、日本のリクルートが昨年12月に出資を発表したブロックファイ。

ブロックファイの業績は弱気相場でも順調であったようです。ブルームバーグの報道によれば、

さらに、

6月過ぎには、マイケル・ノボグラッツ氏のギャラクシー・デジタル・ベンチャーズが5250万ドルを同社に投資

同社サービスは仮想通貨がほとんどの資産を占めるユーザーに向け、仮想通貨を担保に生活に必要な法定通貨を貸し出すというもの。

このビジネススタイルについて、同社CEOは次のように述べています。

▼同社はクレカサービスも検討しているとのこと▼

ジェネシス・キャピタル、アジアに進出

また、同じく貸付サービスを展開するジェネシス・キャピタルは現在、従業員数を2倍にし、アジアに進出する計画を持っています。

同社の業績は、

ジェネシスは最初の6カ月間の業務で5億5000万ドルを取り扱った
現在ではジェネシスは7億ドルの貸付を行い、平均貸付期間は6週間で貸付残高は約1億4000万ドル

関連するまとめ

イギリス、仮想通貨規制のグレーゾーンを”年内撤廃”へ|仮想通貨不況の恩恵?規制プレッ…

度重なるネガティブ材料により価格が底をさらに下回る仮想通貨市況。投資家にとっては大きな痛手ですが規制当局にと…

すずまゆ / 1297 view