2018年は「ゲームでブロックチェーンが発展」

2018年、仮想通貨市場は不況でしたが、その一方、ブロックチェーン業界は様々なプロダクトがローンチされました。
特に成長目覚ましかったのはゲーム業界かもしれません。

改ざんを防ぎ、記録を保持し、かつ低コストを実現するブロックチェーンはスマートコントラクト機能をもつイーサリアムプラットフォームを中心にゲーム業界で活用されました。

そして、様々なゲームが誕生したのです。

▼ブロックチェーンゲームに関する記事はコチラ▼

では、この2018年のブロックチェーンを実際に現場に関わる人にはどのように映るのでしょうか。

昨年11月にローンチされたDappsゲーム「クリプトキティーズ」の共同創業者であるベニー・ギャン氏に対するインタビュー(日本版コインテレグラフによるもの)の内容を簡単にまとめてみました。

2018年は「ものづくり精神を体現する年」

多くのプロジェクトが①ユーザー、②コンテンツ、③プロトコルの順で優先順位をつけていた

これは、プロトコルとICOが優先だった2017年とは逆だったとしています。
つまり、2018年はユーザビリティが優先されたのです。

そして、

今年一番の印象はこうした非代替性トークンの人気の高まりとブロックチェーンゲームだった
プロトコル分野でトップのプロジェクトも今、ゲームのほうに注力し始めている

つまり、ゲームの面白さがイーサリアムをはじめとしたブロックチェーンプラットフォームの拡大につながると同氏は考えているわけです。

以前のインタビューでも、同氏は次のように答えています。

2019年は「ブロックチェーンの中心はアジアに」

2019年は、アジアに拠点をおく多くの企業がブロックチェーンの分野に参入してくる。

事実、フィリピン、タイ、韓国などのアジア諸国は「世界のクリプトバレー」を目指して規制の整備やスタートアップの支援などにあたっています。

さらに、

ほとんどがイーサリアムを分岐(フォーク)して自身のニーズにあわせていく

ただし、トロンのように、イーサリアムと競合するプラットフォームも拡大しつつあります。

ブロックチェーンは、これまでのオープンなブロックチェーンに似た技術を活用しながらユーザー体験にフォーカス

関連するまとめ

仮想通貨BTCはバブル期価格が再び到来|底値を打ち時価総額今後1年間で400倍

仮想通貨はバブル崩壊し、既に「底値をついている」と言います。しかしガッカリするのではなく、底値をついたことで…

元)仮想通貨まとめの志水 / 11397 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。