SBIVC、日本のユーザー向けハードウェアウォレットサービス開始

堅実な金融機関として期待がもたれるSBIホールディングス。
そのSBIの子会社であるSBIバーチャルカレンシーズ(以下「SBIVC」)が日本のユーザーに向けて仮想通貨のハードウェアウォレットサービスを開始するようです。
対象の仮想通貨はビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)だとのこと。また来年1月下旬がメドなのだとか。

これは、仮想通貨の出金サービスに伴うもの。具体的には、

画期的なのがこの「ハードウェアウォレット送付サービスは日本初」という点です。

※Coinpostによれば、海外でもこのような事例はないとのこと。

個人管理が必要な仮想通貨管理において、取引所側が指定のウォレットを送付するサービスを展開するのは、日本の仮想通貨業界においては初めての事例

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは「個人用コールドウォレット(ストレージ)」といったもの。
取引所ウォレットなどにおいておくことはハッキングリスクなどから「危ない」とされています。

一方、ネットから切り離された状態で秘密鍵を保管できるハードウォレットが現時点でもっとも安全な仮想通貨の管理方法であるとされています。

今のところ、TrezorやLedger Nano Sなどがコールドウォレットとして好まれていますが、SONYなどがより利便性の高いコールドウォレットを開発しているようです。

入金サービスも開始

また、SBIVCは入金サービスも開始したようです。

当初開設時から期待をもって眺められたSBIVC。
今後、どのようにサービスを展開していくかに注目が集まりそうです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

インド税務調査「税」逃れ防止に動く|同国トップ9の仮想通貨取引所を捜査

インドの財務省が同国内の仮想通貨取引所を利用するユーザーの取引状況を調査するために各取引所の捜査に乗り出しま…

元)仮想通貨まとめの志水 / 11625 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。