ブロックチェーンスタートアップの環境が最悪…

ブロックチェーンスタートの周辺環境が(メディアで見ている限りだと)なかなか冴えません。
仮想通貨価格の暴落と低迷が響いているようです。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)が下火になったこともさることながら、法定通貨での資金調達もなかなかうまくいかないようです。

ブロックチェーンスタートアップの資金調達計画が途中で頓挫するのがこの1か月で増えてきたとの報も。
1か月と言えば、ビットコインキャッシュの敵対的ハードフォークをきっかけに仮想通貨価格がさらに暴落した時期でもあります。

しかし、こういったネガティブ報道が”すべて”なのでしょうか?

ErisXのように次世代型仮想通貨取引所を開始するところは大手金融機関からの資金調達に成功したりする事例も。

そして、国際的機関は世界貢献や持続可能な開発の一助としてブロックチェーンスタートアップの成長を待ち望んでいます。

ユニセフ、6つのブロックチェーンスタートアップに10万ドル投資

人道支援を行う国際的機関として知られるユニセフ(国際連合児童基金)。
以前から人道支援にブロックチェーンの活用を視野に入れていることで知られています。

先日、6つのブロックチェーンスタートアップに10万ドルを投資したことが明らかになりました。

ユニセフがスマートコントラクト機能を活用したブロックチェーン活用の基準は次の通り▼

・組織的効率の向上
・分散型意思決定プロセスの構築
・ユニセフが活動する、国連メンバー国・メンバー以外の国におけるDLTの理解と知識の向上
*ブロックチェーンの活用により、世界的問題を解決していく

ユニセフが投資をおこなう企業は、発展途上国に拠点を置いていることが特徴となっています。
今回の投資もブロックチェーン技術を使ってグローバルな問題を解決しようとしているスタートアップが対象です。

Atix Labs(アルゼンチン)=中小企業が資金へアクセスできる、追跡も可能となるプラットフォーム
Onesmart(メキシコ)=新興市場における資金の横領を防ぎ、児童と青年に向けた国営社会福祉を確保
Prescrypto(メキシコ)=途上国における医療サービスのデジタル化を提供し、患者のメディカル履歴閲覧一元化と医療のレベルの向上を可能とする
Statwig(インド)=改善されたサプライチェーン管理システムにより、ワクチンの有効な受け渡しを確保
Utopixar(チュニジア)=コミュニティと団体が意思決定プロセスと価値の転換を促進するためのソーチャル協力ツールを改善する
W3 Engineers(バングラデシュ)=SIMカードなどのネットワークを不要としたオフラインプラットフォームを通して、難民と移民コミュニティの連結性を改善

ただ、無条件で投資となっているわけではありません。
ユニセフは12ヶ月以内、ブロックチェーンプラットフォームのオープンソース試作を提出するよう、各スタートアップに要請しています。

日本ではブロックチェーンコンサルが家入一真氏から出資を受ける

また、日本では、ブロックチェーン技術の導入コンサルティングを行うBlockBaseが12月3日、起業家の家入一真氏と投資家の梶谷亮介氏が代表を務めるNOWから資金調達を行ったと発表しました。
金額は非公開ですが、数千万円規模だとみられています。

BlockBaseが行うコンサルの内容は次の通り▼

・課題の把握とプロジェクトスコープの再設定
・現場の技術者とチームを組み、プロダクトアウト的な高速プロトタイピングの実行
・チームビルドを通じ、ボトムアップ的なロードマップの策定、経営層への提案支援

プロトタイプとはシステム開発初期段階でユーザーの動作確認杳として作られる試作品を指します。

これらに加えて、

ブロックチェーン関連技術を活用した自社プロダクトの企画・開発

調達資金の活用は既存ビジネスよりもむしろ新規分野への開拓に用いる予定のようで、

コンサルティング事業はさておき、サービスとしてはいくつかある可能性をこれから模索する状況
ブロックチェーン事業における汎用モジュールなどの発明が、今後の事業スケーリングに重要なポイント

関連するまとめ

ビットコインは大手ゼネコンのアノ会社と同じ規模だった! 「時価総額倍増」成長と未来

実は、ビットコインは大手ゼネコンのアノ会社と同じ規模だと言います。ビットコインは1年で時価総額を倍以上に伸ば…

元)仮想通貨まとめの志水 / 3981 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。