主要仮想通貨が激しく売られた結果、市場全体の時価総額は7日に1060億ドルまで下落した。2017年の年末に記録した高値から87%以上減少したことになる。

しかし、仮想通貨は復活をとげるという言葉。
そして、ある数値を上回ることに「100万ドル賭ける」とまでの発言まで飛び出しています。

仮想通貨「12月8日ドミナンス」

※ボリュームの数字は時間により、変動する可能性がございますことをご承知おきください。

 1か月前→12月1日(先週)→本日12月8日
ビットコイン53.44%→53.54%→54.58%
イーサリアム9.97%→9.00%→8.64%
ビットコインキャッシュ3.90%→2.32%→1.68%
ライトコイン1.46%→1.46%→1.37%
リップル8.90%→11.21%→11.49%
ダッシュ0.63%→0.60%→0.51%
ネム0.41%→0.52%→0.59%
モネロ0.84%→0.73%→0.70%
アイオタ0.65%→0.61%→0.59%
ネオ0.50%→0.39%→0.36%
他19.31%→19.64%→19.48%

仮想通貨「12月8日ランキング」

※順位も価格も時間により変動いたしますため、
最新から動いている可能性がございますことをご承知おきください

仮想通貨は本当に終わるのでしょうか。

しかし、機関投資家向けの仮想通貨ファンドモルガン・クリーク・デジタルは、今後10年で自社ファンドのリターンがS&P500指数を上回ることに100万ドル賭けると発表した。

仮想通貨ビットコイン(BTC/USD)

Bitcoinの価格は、米ドルに対して3,550ドルを大幅に下回りました。

Bitcoin price declined heavily below $3,550 against the US Dollar.

現在執筆時点では$3,488.32で約388,000円
下落後は引き戻され回復がみられますが、今回の仮想通貨ビットコインはその回復が小さく3,550ドルと3,555ドル近くの上昇に多くの抵抗があるようです。これまで、3,550ドル近くの支援は大きな障害となっていると伝えられています。

Looking at the chart, bitcoin price is clearly placed in a nasty downtrend below $3,550. As long as it is trading below $3,750, there could be more losses. The next stop for sellers below $3,250 may be $3,000 or even $2,800.

チャートを見ると、ビットコインの価格は明らかに3,550ドルを下回る状況に置かれています。3,750ドル以下で取引されている限り、より多くの損失が生じる可能性があります。$ 3,250以下の売り手のための次は、$ 3000、または$ 2,800かもしれません。

ビットコインが終わりだとは思わないが、新たなロングポジションを始める前に、確かな証拠を集めた方が良いだろう。

長期保有で一喜一憂しないという保有派であれば、また別の見方ができますが、短期戦はまた別の視点になります。期間を設け利益を確保するためのトレードであれば、現在ビットコインは様子をみたほうがいいという意見が多く伝えられています。

トレーダーは、ロングポジションを始める準備をした方が良いだろう。今回は、ポジションサイズを小さくしなくてよいかもしれない。リスクに対する見返りが魅力的になってきている。

「仮想通貨Bitcoinは生き残るために設計されました」

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2018.2.18アルトコイン予測 |仮想通貨31業者に立ち入りか

今週は仮想通貨市場が少し盛り返しをみせています。アルトコインの予測として、イーサリアムやリップル、ライトコイ…

元)仮想通貨まとめの志水 / 19761 view

関連するキーワード

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。